無人古本書店『ほん、と』
2020.02.20 UP

無人古本書店『ほん、と』やLocalWriteプロジェクト。ローカルプロジェクト in 宮崎県

LOCAL

無人古本書店『ほん、と』

人とゆるやかにつながる、無人の本屋さん。

 商店街の再生に成功した数少ない成功事例として紹介されることが多くなった、宮崎県日南市にある油津商店街。そこにご飯を食べた後に商店街を楽しんでもらえるスポットのひとつとなるようにと想いを込めて、2019年に無人古本書店『ほん、と』が誕生した。

 「読んでみてよ! ほんとおもしろいから」をコンセプトにする、店内にある本はすべて寄付によって集まったもの。店主の杉本恭佑さんは、「人の気配がしたり、人と関われる場所として、ワクワクすることや安心する空間づくりを心がけている」と話す。誰でも気軽に立ち寄ることができる書店で、商店街の賑わいに彩りを添える。

無人古本書店『ほん、と』

店主の杉本恭佑さんに聞きました!

Q.プロジェクトにはどんな方が参加していますか?

店主の杉本恭佑さんに聞きました!

 お店を作る段階から本を寄付してくださったり、商店街の方やまちの方、遊びにくる人たちがさまざまな関わり方をして応援をしてくれています。ぜひ一度、お越しください!

❶活動団体名
 無人古本書店『ほん、と』
❷プロジェクト・スタート年
 2019年
❸ウェブサイトなど
 www.instagram.com/book_and__
❹スタッフ・メンバーの中心年齢層は?
 20歳代
❺スタッフ・メンバーの募集
 ──

LocalWriteプロジェクト

ローカルメディアで、村を魅せる。

 宮崎県椎葉村の地域活性化の取り組み「Local Lab Shiiba」のうちの一つ、「LocalWriteプロジェクト」は新しいローカルメディアをつくるため、2018年に立ち上げられた。ウェブメディア『ONLY ONE Shiiba』とコラボレーションして、リアルな暮らしから垣間見える村の魅力を発信。人口減少にあえぐ村の可能性に挑戦中だ。

LocalWriteプロジェクト

メンバーの天野朋美さんに聞きました!

Q.どんなスタッフ・メンバーを募集していますか?

メンバーの天野朋美さんに聞きました!

 田舎暮らしや移住はハードルが高いと思っている人は、ぜひ参加してほしいです!気軽に地域とつながることができます。温かなコミュニティを椎葉村でつくってみませんか?

❶活動団体名
 LocalWriteプロジェクト
❷プロジェクト・スタート年
 2018年
❸ウェブサイトなど
 http://418localwrite.com
❹スタッフ・メンバーの中心年齢層は?
 30歳代
❺スタッフ・メンバーの募集
 有

記事は雑誌ソトコト2020年2月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。