『ワイルドツアー』
2019.04.12 UP

実人生の成長を取り込んだ青春映画。- 『ワイルドツアー』

SOCIAL

地元・山口県のアートセンター(YCAM)が開催した、植物のDNAを解析して植物図鑑をつくるワークショップに参加した中学生のタケとシュン。ファシリテーター(進行)役の大学生・うめと一緒に、ふたりは新たな「種」を探して森へと向かう。彼らを追ったドキュメンタリーと思いきや、そうではないと気づいた時点でクスリとさせられ、告白やらラブレターやら、10代の瑞々しい言動に、こちらまで胸が躍る。映画づくりという虚構の世界に参加した中学・高校生たちが、ものづくりを通じて何かを発見し、知ることの歓びを味わう。彼らの実人生の成長を映した作品。

『ワイルドツアー』

映画『ワイルドツアー』公式サイト https://special.ycam.jp/wildtour/

本記事は雑誌ソトコト2019年5月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

text by Kyoko Tsukada
ワイルドツアー© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]

キーワード