愛媛県の大洲農業高校が発案、地域食材おむすびが誕生です。松山市内で期間限定販売
2020.03.22 UP

愛媛県の大洲農業高校が発案、地域食材おむすびが誕生です。松山市内で期間限定販売

NEWS

〜食育文化促進のため愛媛県がサポート〜

愛媛県は、若い頃から身近にある県産農畜産物に慣れ親しみ、記憶に残る体験を行うことで、県産食材や産地への理解を深めるとともに、好き嫌いの軽減、健康に配慮した食の選択などにつながり、豊かな人間性を育む基礎となる「食育」を推進するため、愛媛県内の高等学校を対象に食育体験事業を令和元年度から実施しています。

今年度は、スマホ世代にとって疎遠になりがちな手で掴んで食べる食文化として日本人が慣れ親しんでいる「おむすび」をテーマに、愛媛県立大洲農業高校の生徒と地域食材・地域を結びつける事業を行ないました。この度、同校生徒が発案したレシピをベースとしたおむすび2種について、愛媛県松山市内のおむすび屋にて期間限定で販売されます。

本文
販売されるおむすび(左:豚の角煮むすび、右:椎茸のみそ焼きむすび)

・限定販売:豚の角煮むすび(税込価格200円)、椎茸のみそ焼きむすび(税込価格180円)
・販売期間:2020年3月19日(木)から3月31日(火)まで(当日の仕入れ・販売状況により当該商品がご用意できない場合があります。)
・販売店舗:おむすび 手に手に
・店舗住所:愛媛県松山市平和通1丁目4−15
・店舗詳細:松山赤十字病院や愛媛大学キャンパスの周辺に位置する、テイクアウト、テーブル席でのイートインも可能なおむすび屋。愛媛県産の白米を使った店主こだわりのおむすびが約15種ほど用意され賑わう。

■令和元年度「農業体験味覚育成事業」:食育事業の振り返り
2019年 7月 プロジェクト始動。大洲農業高校にておむすびの試作授業が始まる。
2019年10月 高校生と生産者との交流会を開催。生産現場の見学や講義を通して地域の食材の魅力を学ぶ。
2019年10月 大洲農業高校を舞台に、講師「菅本香菜」氏による食育講座と調理実習教室を開催。調理実習
では、おむすびの食材を提供いただいた生産者の方々とともに、大洲市・愛媛県の地域食材に
ついて語り合いながら、今後の販売に向けた抱負を共有した。
2019年11月 愛媛産業まつりに「大洲農業高校」として出店。おむすび販売で160セットが即座に完売!
2020年 2月 愛媛県庁に1日限定で「大洲農業高校おむすび屋」出店。100セットがお昼休みで完売!

本文

本文

《愛媛県ブランド戦略課》について

愛媛県産農林水産物のブランド化や地産地消の推進等を行っています。
・正式名:愛媛県 農林水産部 農政企画局 ブランド戦略課
・所在地:愛媛県松山市一番町4-4-2
・WEBサイト:https://www.pref.ehime.jp/h35350/h35350.html

《愛媛県立大洲農業高校》について

・校名:愛媛県立大洲農業高等学校
・所在地:愛媛県大洲市東大洲15番地
・詳細:「どこに出しても恥ずかしくない人間になれ・国家社会の役に立つ人間になれ」という校訓のもと、食品デザイン科、生産科学科という専門科からなる全校生徒210名の農業高校。(2020年3月1日現在)
・WEBサイト:https://ohzu-ah.esnet.ed.jp/

本文

キーワード