親子でオンライン体験フェス〜 #おうち時間 を楽しもう〜生中継で「小田急ロマンスカー講座」開催
2020.04.28 UP

親子でオンライン体験フェス〜 #おうち時間 を楽しもう〜生中継で「小田急ロマンスカー講座」開催

NEWS

~ロマンスカー運転台からステイホームされる子供たちにメッセージをお届けします~

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、こどもの日の2020年5月5日(火・祝)、株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区 社長:上田 祐司)と「親子でオンライン体験フェス」実行委員会が共同開催するオンラインワークショップを 一堂に会したイベント「親子でオンライン体験フェス〜 #おうち時間 を楽しもう〜」において、「小田急ロマンスカー講座」を出展します。本イベントは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、外出を自粛されている親子向けの課外授業として、さまざまな専門家や企業がオンラインワークショップを出展し「親子双方の学び」の場を提供するものです。

0428_02_01
特急ロマンスカー・MSE(60000形)外観

「小田急ロマンスカー講座」は、東京メトロ千代田線やJR東海御殿場線にも乗り入れる「特急ロマンスカー・MSE(60000形)」の運転台にカメラを設置し、普段間近で 見ることができない運転台の機器などについて、現役の運転士、車掌が詳しくご説明します。また、運転士、車掌に海老名駅長も加わり、当社に関するクイズや、自宅でお過ごしのお子さまたちへのメッセージなど、充実した40分の講座を予定しています。ご家庭のパソコンやタブレット等から「親子でオンライン体験フェス〜 #おうち時間 を楽しもう〜」のサイトにて、事前登録いただくことで、無料でご参加いただけます。
講座の舞台となる特急ロマンスカー・MSEの愛称は、マルチ・スーパー・エクスプレスの意味を持ち、「お子さまが、将来マルチに活躍されること」を願って車両選定しました。なお、当社がオンライン生中継で、お子さまにメッセージを発信するのは、初の試みです。

当社では、外出自粛などにより在宅時間が増加する中、お子さまやご家族に少しでも明るく楽しい時間を過ごしていただきたいと考えており、ペーパークラフトを制作してご応募 いただく『「オリジナルロマンスカーを作って応募!」キャンペーン』をはじめとするさまざまな企画を検討・実施してまいります。

当社が参加する合同イベント「親子でオンライン体験フェス〜 #おうち時間 を楽しもう〜」および当社が出展する「小田急ロマンスカー講座」の概要は下記のとおりです。



1.親子でオンライン体験フェス〜 #おうち時間 を楽しもう〜
(1)開催日時 
2020年5月5日(火・祝)10:00~15:30

(2)参加資格 
幼児から小学生のお子さまとそのご家族

(3)参加費用 
無料(ネット環境に伴う通信費は自己負担となります)

(4)募集人数 
3500人

(5)参加方法 
以下のURLから、ユーザー登録(無料)のうえ、お申し込みいただきます
https://tabica.jp/travels/20843

(6)主催共催 
親子でオンライン体験フェス実行委員会
TABICA(ガイアックス)

(7)コンテンツ 
当社の「小田急ロマンスカー講座」のほか、オンライン親子ヨガ、小学校高学年向けに、表現力・コミュニケーション力を育てる講座、幼児期から取り組める算数脳を育てる折り紙から算数教育革命など(ひとつにつき原則40分)

2.小田急ロマンスカー講座
(1)実施日時 
2020年5月5日(火・祝)11:35~12:15
※当日の運行状況等によって、中止となる場合があります

(2)内容 
①運転士、車掌による特急ロマンスカー・MSE(60000形)の乗務員室の紹介
②駅長、運転士、車掌からのクイズ、メッセージ

(3)募集人数 
1000人(先着順)

(4)参加方法 
参加登録の方に後日送付されるアドレスよりアクセスいただくとことでご参加いただけます。

以上

【参考】当社とガイアックスとの連携
2019年2月からWEBサイト「小田急×TABICA みんなの体験プロジェクト~地域の魅力を発見しよう~」※1を開設し、小田急線沿線を新たな視点で楽しむプロジェクトを展開しています。さらに2020年1月から地域密着型サービスプラットフォーム「ONE(オーネ)※2」において会員向けクーポンの提供も開始しています。
※1 小田急×TABICA https://odakyu.tabica.jp/
※2 ONE(オーネ)     https://one-odakyu.com

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ソトコト編集部が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

キーワード