別府の風景を背景画像としてチャリティー販売 『BEPPU CHARITY PROJECT』を開始
2020.05.03 UP

別府の風景を背景画像としてチャリティー販売 『BEPPU CHARITY PROJECT』を開始

NEWS

【別府市へ寄付】オンラインMTGの背景画像を販売するチャリティーキャンペーン『BEPPU CHARITY PROJECT』を開始!GWは「別府」へオンライン帰省しよう!

BEPPU CHARITY PROJECT #StayWithBeppu 離れていても、別府とともに。

大分県別府市に位置する 立命館アジア太平洋大学 (以下APU)の卒業生が運営するBEPPURISM (ベップリズム)が、 2週間限定 の別府市への寄付金を募集するチャリティープロジェクトを開始しました。
キャンペーンサイトURL
https://staywithbeppu.beppurism.jp/

バーチャル背景横型①
バーチャル背景横型①
バーチャル背景横型②
バーチャル背景横型②

プロジェクト概要(実施期間:2020年4月29日〜5月13日)

オンラインMTGや飲み会などが当たり前になる中で、懐かしい別府の風景が収められた背景画像や映像を提供することで、第二の故郷別府への 『オンライン帰省』 の機会にして頂きたいと思い開始しました。また、本企画における売上は、必要経費(システム利用料・決済手数料)を差し引いた金額を全て 別府市新型コロナウイルス対策 へ寄付します。

バーチャル背景縦型
バーチャル背景縦型
バーチャル背景利用イメージ
バーチャル背景利用イメージ

プロジェクト背景

全世界で影響を及ぼしている新型コロナウイルスは、観光業が中心産業である別府市にも大きな経済的損失を与えています。ホテルや旅館、飲食店などでは予約キャンセルや来店者数減による売り上げの減少によって、存続の危機に立たされています。
我々APU卒業生にとって、学生時代の思い出が詰まった別府は 『第二の故郷』 であり、数年に一度は訪れる大切な場所です。今年のGWに別府を訪れる予定だった卒業生も多く、現地での再会や来店を楽しみにしていましたが、感染拡大防止を目的に諦めざるをえない状況になりました。
そんな状況に対して、BEPPURISMでできる最大限のことは何かを考え、今回の企画が発足し、全てオンラインでコミュニケーションを取りながら、リリース致しました。

BEPPURISM (ベップリズム)

BEPPURISMとは、大分県別府市にある立命館アジア太平洋大学の卒業生が、大学卒業を期に立ち上げ、活動を開始したクリエイティブユニット。メンバー自身が学生時代に好きだった店や人、場所を中心に、国内外に向けて別府の様々なカルチャーシーンを発信しています。名前の由来はBeppu(別府)とTourism(ツーリズム)の組み合わせです。

公式サイト: https://beppurism.jp/
お問い合わせ: staywithbeppu@gmail.com / 090-2854-2840(担当者直通)
Instagram: https://www.instagram.com/beppurism/
Facebook: https://www.facebook.com/beppurism/
Twitter  : https://twitter.com/BEPPURISM
Youtube : https://www.youtube.com/channel/UCaqHshDLTiQEQ0jWxiYGRvg