KEEN
2020.03.05 UP

自社工場でマスクを製造、全世界で15万枚を被災地や児童養護施設、シューズ購入者に配布しました。

NEWS

※今回、本記事中に不適切な表現があり、本記事修正期間アクセス出来なかったこと深くお詫び申し上げます。
今後はこのようなことが無いよう、編集体制を強化し再発防止に努めてまいります。

WEAR MASKS. LOVE OTHERS.

アウトドア・フットウェアブランド「KEEN(キーン)」を展開するキーン・ジャパン合同会社(本社:東京都港区、ジェネラルマネージャー・日本法人代表:竹田 尚志)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、全世界で課題となっているマスク需要を受け、タイの自社工場にてマスクの製造を開始しました。

WEAR MASKS. LOVE OTHERS.
WEAR MASKS. LOVE OTHERS.

KEENは、“Together we can help(あなたと一緒だから、できること)”をテーマに、新型コロナウイルス感染拡大の影響に向き合い、活動を行っています。現在、世界中で課題となっているマスク需要を受け、タイの自社工場一区画をマスク製造ラインにし、マスクの製造を開始。全世界で15万枚を無償提供いたします。

マスクの素材には、靴の材料として調達していた布を活用。シューズ製造を行うKEENの得意分野である立体縫製を活かした立体マスクはフィット感も高く、リバーシブル仕様で、洗って繰り返し使用できます。本マスクは医療用マスクではありませんが、感染予防の必須アイテムとして、皆さまにご活用いただければという思いからお届けいたします。

日本国内においては、被災地、児童養護施設や女性用シェルター※、KEEN関連企業やサプライチェーンの方々などに提供

また、2020年4月28日(火)*1より、国内KEEN公式オンラインストアにてシューズを購入された方へ、マスクをお届けします*2。

*1:開始日は前後する場合があります。
*2:配布予定枚数に達し次第終了いたします。

  • ・一般社団法人OPEN JAPAN:
     日本全国の災害支援を展開。被災者の心に寄り添った、臨機応変な活動を行う。
  • ・認定特定非営利活動法人みらいの森:
     アウトドア体験を通じて児童養護施設に暮らす子どもたちを支える。
  • ・有限会社ビッグイシュー日本:
     ホームレス状態の方の社会的自立を雑誌『ビッグイシュー』で支える。
  • ・特定非営利活動法人BONDプロジェクト:
     10代20代の生きづらさを抱える女の子を支える。

 などの団体・機関へ提供

KEEN Harvest Mask
KEEN Harvest Mask
KEEN Harvest Mask
KEEN Harvest Mask
フィット感も高く、リバーシブル仕様、洗って繰り返し使用できるマスク
フィット感も高く、リバーシブル仕様、洗って繰り返し使用できるマスク
タイの自社工場一区画をマスク製造ラインにし、マスクの製造を開始
タイの自社工場一区画をマスク製造ラインにし、マスクの製造を開始

<Together we can help -あなたと一緒だから、できること->

Together we can help
Together we can help

“Together we can help(あなたと一緒だから、できること)”は、新型コロナウイルスと向き合うKEENのテーマです。

KEENは、2003年の創業当時から「個人とその家族のつながりを尊重すること」、「地球に生きる市民として、他文化やアイデアを受け入れ、よりよい未来に向けて貢献していくこと」を理念に展開してきました。新型コロナウイルスが全世界で猛威を振るう中、この理念を基に、私たちにできることを考えてきました。

3月には医療関係者や、私たちの生活の基盤を支えてくれている自宅勤務ができない方など、この難局に立ち向かっている方々へ、全世界で10万足(約10億円相当)のシューズ無償提供を実施。また、外出自粛が続く2020年3月28日には、ご家族と自宅から安全に楽しんでいただけるエンターテイメントとして、『KEENFEST』をライブストリーミングで開催。4月18日からは、定期的にコンテンツ配信をする“KEENSTREAM(キーンストリーム)”をKEEN公式YouTubeで配信しています。

「サンダルは、つま先を守ることができるのだろうか?」

創業者で現CEO ローリー・ファーストのこのシンプルな疑問をきっかけに、KEENの歴史は幕を開けました。米国オレゴン州・ポートランドに本拠を置き、多様なアウトドアシーンを楽しむ人々に向けた革新的で高機能なハイブリッド(複合型)・フットウェア*を展開しています。KEENはシューズ作りを通じて、地球環境をよりよく変える活動を続けています。「地球上のすべての場所を、より良い場所にする」ことをモットーに、「Consciously Created:環境負荷の低減」「Taking Action:能動的な行動」「Giving Back:社会への還元」の3つのテーマを『KEEN EFFECT』と呼び、環境保護や社会貢献活動に積極的に取り組み、世界にポジティブな変化を作り出そうと努力を続けています。地球と人にやさしいツクリカタで。

*ハイブリッド(複合型)・フットウェア:サンダルとシューズ、陸と水、快適性と機能性、ファッションと機能といった異なる概念を融合させた、KEENオリジナルの多機能フットウェア

キーワード