カツオのたたき
2020.05.21 UP

最先端技術の鰹のタタキを見逃すな。「一本釣り地鰹の藁焼きタタキ」販売しています。

NEWS

久礼はカツオ愛の町

中土佐町久礼は、カツオで有名な高知の中でも、トップクラスの「鰹の国」と呼ばれる漁師町。

実は、漁師ではない地元住民のカツオ愛も相当で、水揚げシーズンには飲食店や各家庭の食卓にカツオが並び、
あちらこちらで「今年のカツオの出来」が話題に上るほど、カツオの食文化が熱い町です。

市場か港か鰹船の写真

 

400年釣り方が変わっていない

カツオの一本釣りが始まったとされるのは、およそ400年前。
絵馬に描かれていた一本釣りが根拠とされています。
そこから文明の進化により船の材質がかわり、動力も人力からエンジンに様変わりしていったにも関わらず、
「なんと釣り方だけは、400年前からひとっちゃー変わらんがよ!」
と企画・ど久礼もん企業組合の清岡理事長は豪快に語る。
この地にもたらす恵みも、ここで暮らす人々も、代々同じくカツオを食べて愛し続けたからこそ、伝統漁として400年もの間脈々と受け継がれてきたのです。

猟師

 

いい鰹は「目がきれいなぽっちゃり系」

企画・ど久礼もん企業組合が運営する加工会社「鰹乃國水産」では、水揚げされたカツオを市場でよって(選んで)から仕入れて加工します。
今回は、そのプロの目利きポイントを3つ教えてもらいました。

  1. スレンダーより、丸っとしたぽっちゃり体系を選ぶべし。
  2. 腹を触って、ハリがあるものを選ぶべし。
  3. 濁りがない、きれいでイキイキした目を選ぶべし。

かつおをさばく

この他にも、プロがいい鰹を見定めるポイントはいくつかあるようですが、マニアックすぎました(笑)。

でも、この3つを押さえておけば、素人でも美味しい鰹を選べそうですね。

かつおを焼く

 

最先端技術の鰹のタタキを見逃すな

高知の藁焼きタタキっていつものやつでしょ?と思っていませんか。
じつは今回ご紹介するのは、ただの鰹のタタキではありません。
なんと、最先端技術を使った鰹のタタキなのです!

かつおを保存する。

藁焼きしたばかりのアツアツの鰹を、塩分濃度1%のシャーベット状の「スラリーアイス(※)」につけ、一気にマイナス0.8度に瞬間冷却した優れもの。
旨味と鮮度をキュッと閉じ込めているから、生臭くなく旨さが際立った逸品です。
本場高知の鰹の国から、さらに究極の鰹のタタキをご紹介します。
※スラリーアイスとはシャーベット状の氷塩水のことで、中土佐町と高知工科大学が共同開発し高鮮度保持流通を実現しました。

かつおのたたき

 

商品内容

一本釣り地鰹の藁焼きタタキ
 (旬凍)3~4人前
価格:4,500円(税込・送料込)
※約400g(1~2節)
・ねぎ(中土佐町産)
・にんにく(中土佐町)
 ※時期により生姜(高知県産)になります。
・特製たたきのたれ 1本(80g)
 ※解凍方法は同梱のリーフレットをご確認ください。

 地元(中土佐町久礼)で地元の漁師が一本釣り漁法で釣り上げた鰹を、国産の藁で焼き上げています。
 ※時期により鰹の魚体が違うため節の数が変わります。
 ご了承くださいませ。

詳細と購入はこちら

賞味期限

発送日から 冷凍庫で7日
※美味しくお召し上がりいただきたい期限です。
※解凍後はすぐにお召し上がりください。

発送について

◆発送予定:ご注文より7営業日前後
 順次発送いたしますので、よろしくお願い申し上げます。
◆こちらの商品は 冷凍便でお届けします。
 日戻り鰹を、その日すぐにタタキに仕上げて瞬間冷凍しております。

・『包装・熨斗不可』となっております。
・こちらの商品は製造元「大正町市場 ど久礼もん」さんより直送となりますため、送料込みとさせていただいております。
※他の商品と一緒にご注文いただいた場合、同梱はいたしかねますので、どうかご了承くださいませ。
・他商品を同時にご購入いただいた際は、別途送料及びクール便手数料がかかります。

詳細と購入はこちら

キーワード