和紙デニム
2020.05.22 UP

暑苦しさ・不快感を解消。「接触冷感」で快適に過ごせる“和紙デニム”のファッションマスクが登場。

NEWS

ジーンズセレクトショップの株式会社ライトオン(所在地:東京都渋谷区、以下ライトオン)は、2020年5月21日(木)より、”和紙デニム”を使った「接触冷感」機能付きの『デニムマスク』の先行予約をオンラインショップで開始します。

“和紙デニム”を使った『デニムマスク』について
今回販売開始する『デニムマスク』は、シリーズ累計販売数45万点を超えるライトオンのプライベートブランド「BACK NUMBER(バックナンバー)」の人気商品である「和紙デニム」の生地で作ったデニム素材のマスクです。マスクの裏地には、汗臭の原因となる黄色ブドウ球菌の繁殖を抑える「抗菌・防臭」機能のほか、「接触冷感」のある生地を使用し、これから暑くなる季節にかけて使いやすいマスクとなっています。また、手洗いして繰り返し何度でも使用することができます。

商品情報

価格:1,290円(税抜き)/ 1枚 ※大人用のみ
カラー:インディゴ
サイズ:フリーサイズ(縦13.5㎝、横27.6㎝)
素材:表側 :綿 83%、分類外繊維(和紙) 17%、裏側 :ポリエステル 65%、レーヨン 35%

先行予約開始日:2020年5月21日(木)
販売場所:ライトオンオンラインショップ

※商品のお届けは6月上旬となるそうです。

商品特徴

商品特徴

耳のストラップ部分にはアジャスターが付いているので長さを調整することが出来ます。

商品特徴

鼻の部分のトップ部分は割れたような立体構造をしているのでフィット感がよく長時間着用していても快適に過ごすことが出来ます。

着用イメージ

着用イメージ

和紙デニムを使ったマスクのほかにも、キッズ用のマスクや多数のファッションマスクを展開するそうです。

「和紙デニム」について

「和紙デニム」は、老若男女問わず多くの方から支持をされシリーズ累計45万点を超える大ヒット商品です。2011年に発売した初代和紙デニムは「軽さ」を追求し、夏にも履けるジーンズとしてデビュー。2代目はデニム生地の厚さを示すオンスを上げてアップデート。2019年発売の3代目は、履きやすさはもちろん、存在感をより体感できる、ヴィンテージ感のある本格的なジーンズに進化を遂げたそうです。
素材には、タテ糸にインディゴ染めをしたコットン、ヨコ糸に日本の伝統素材である和紙糸を使用し、和紙は繊維が長いため、薄くとも強靭で長寿命だそうです。文化財の修復にも使われる一方、柔らかくしなやかな肌触りを保ちます。和紙糸は、空隙が多く、繊維に空気を含む為、吸汗性、吸湿性、速乾性に優れ、独特のハリやコシがあり、軽量感も備えているそうです。

和紙デニム

糸

BACK NUMBERについて

ライトオンのプライベートブランド。ワーク・ミリタリーといったアメリカンカジュアルを根幹に、古き良きヴィンテージウェアの魅力を受け継ぎながらも、現代のライフスタイルや着こなしに合わせた素材・シルエットで再構築した【Re-Vintage】をコンセプトに掲げる。

ライトオンについて

年齢・性別を超えた幅広い客層に、ジーンズを中核アイテムとしたカジュアルウェアを販売するジーンズセレクトショップ。アメカジからトレンドまで幅広く展開し、等身大のファッションを提案します。

キーワード