世界農業遺産認定の伝統食材を守る。400年の歴史を持つ静岡特産「わさび」の産地応援企画です。
2020.05.28 UP

世界農業遺産認定の伝統食材を守る。400年の歴史を持つ静岡特産「わさび」の産地応援企画です。

NEWS

 つくる人から笑顔に。をテーマに全国で“食材(ミールキット)宅配サービス”を提供するヨシケイグループの静岡市に拠点を置くフランチャイジー、株式会社ヨシケイ(本社:静岡市清水区 以下ヨシケイ)は、新型コロナウイルス感染症の影響により、飲食店向けの出荷が急減した「わさび」の産地応援企画の一環として、5月28日より静岡市産わさびのPRのため、静岡市を中心とした宅配サービス利用者のうち約1,000世帯に、食材の宅配に合わせて「わさび」を配布します。それに先立ち、5月27日にヨシケイにおいて生産者から「わさび」が贈呈されました。

0401


■今回の取り組みについて
政府の緊急事態宣言の影響で、飲食店への出荷量が通常の一割程度にまで激減した静岡市産のわさび。苗を植える時期が近づいているにもかかわらず、出荷できる大きさまで育ったわさびを抜くことができず生産者が困窮しているという状況のなか、静岡市および、生産者の安倍山葵業組合からの要請を受けて今回の取り組みが実現しました。「わさび」が合うメニューを選んでミールキットご注文の方に配布進呈するこの企画では、地元の皆さまに本物のわさびの味の魅力を知ってもらうことで、伝統食材を守り、わさびのPR・販路開拓となることも目的としています。生産者からは「上質なわさびの味、香り、さわやかな辛みを、ぜひご家庭で楽しんでください」とのメッセージも届いているそうです。お届けする期間は、5月28日(木)〜6月4日(木)。

■わさびに合うメニューをピックアップしました!
「わさび」をセットしてお届けするメニューは、全国で毎週40万部を発行する『すまいるごはん』の5/25号・6/1号から、メニュー作成を担うグループの本部、ヨシケイ開発株式会社(本社:静岡市駿河区 代表:林 雅広)のメニュー担当栄養士が、わさびの風味が合うメニューを選びました。メニューをご注文いただいたお客様には、わさび1本(約100g相当)をプレゼントとのことです。※下記画像はお届けメニューの一例。

0402

 

■世界農業遺産「静岡水わさびの伝統栽培」認定の「わさび」の歴史
料理のアクセントとして持ち味を発揮し、料理の味を引き立てる薬味としてなくてはならない存在の「わさび」は、徳川家康も愛したといわれる400年以上続く静岡の伝統食材。2018年には国連食糧農業機関(FAO)から、静岡市オクシズ地域と伊豆地域に伝わる「静岡水わさびの伝統栽培」が”世界農業遺産″に認定。静岡市を流れる安倍川の上流、葵区有東木地域は、『わさび栽培発祥の地』として、江戸時代から続く歴史的があり、「畳石式」という農法により、現在まで受け継がれ、大切に栽培されてきました。
▼ 「静岡水わさびの伝統栽培」を映像で伝える動画はコチラ