和歌山県だからできるWORK&LIFEを発信するリアル&オンラインのイベント開催です。
2020.06.13 UP

和歌山県だからできるWORK&LIFEを発信するリアル&オンラインのイベント開催です。

NEWS

和歌山県では、和歌山県だからできるWORK&LIFEを発信するリアル&オンラインのイベント「わかやまLIFE CAFE」の第1回を7月11日(土)にオンラインにて開催します。

縛られないライフスタイルに注目が集まっている今、和歌山県では移住やキャリアのアドバイザー、住民ナビゲーターから市町村のワンストップパーソンまでみんなが移住を考える人をサポートし、「じぶんのLIFE」をかなえる手助けをしたいと考え、「かなえよう。」をテーマにしたプロジェクトをはじめています。和歌山県で生活するゲストのトークショーや移住に関するプレゼンテーション等を行う「わかやまLIFE CAFE」は今年度、食・子育て・働き方・住まい・夢、という5つのテーマでイベントを実施予定です。

0201

第1回となる今回のテーマは「食」。和歌山県の食をテーマに、緑豊かな邸宅イタリアンレストラン「villa aida(ヴィラ アイーダ)」よりオンラインイベントを開催します。地産地消にこだわりぬき、生産者たちとともにサステナブルなライフスタイルを実現しているオーナーシェフの小林寛司さんと、江戸時代から続く県内最古の醤油・味噌の醸造蔵「堀河屋野村」十八代目当主・野村圭佑さんをゲストに、Uターン移住で「食と生きる」をかなえたお二人のトークセッションを行います。ナビゲーターは、食メディアで幅広く活躍中の柴田香織さんです。海も山もある和歌山の豊かな自然から育まれる食生活や、伝統文化のある和歌山での暮らしの魅力をお伝えします。

6月30日(火)までに参加登録していただいた方100名様に和歌山特産のプレゼントをお届けします。

テレワークや二拠点生活等、生活を見直す方が多い今、自分のかなえたいことを見つめるきっかけに、ゆったりと時が流れる“わかやまライフ”をバーチャル体験で味わってみてください。

0202


■イベント概要
「わかやまLIFE CAFE」Vol.1 「食」というライフワークを生きるレシピ
和歌山を代表する特産物である梅を筆頭に、果物全般や野菜、魚介類など、土地ならではの食材の豊かさは、まさに全国トップクラス。本物の自然が残されているからこそ味わえるジビエの狩猟や加工も盛んです。
醤油や味噌など、日本の食の原点といわれる食材も、和歌山で製造がはじまったといわれています。
つくる人がいるから、食べられる。「食と生きる」よろこびを、わかやまで見つけませんか。

日時  :2020年7月11日(土)13:00~14:30
共催  :和歌山県・ふるさと回帰支援センター
参加費 :無料
参加方法:下記サイトよりWebアンケートで参加登録後、事務局より招待URLをご送付します。
https://v3.dohbo.jp/wakayama_event1

<プログラム>
第1部     ゲストトークセッション
13:00-13:40 「和歌山の豊かな食と働き方」  リアルタイムな現地の生情報
第2部     プレゼンテーション
13:40-14:10 「和歌山の食&くらしを知るガイド」(和歌山県移住定住推進課)
第3部     質疑応答
14:10-14:30  Webアンケートでの質問やお悩みにゲストが回答
※スケジュールや配信場所は変更になる場合もありますので予めご了承ください。

0203


■登壇者紹介

0205

サステナブルなレストラン
「villa aida(ヴィラ アイーダ)」オーナーシェフ
小林寛司さん

1973年和歌山県岩出市生まれ。大阪のイタリア料理店に勤務後渡伊。1999年「villa aida」開業。2019年より1日10席までの完全予約制に。自ら土を耕し、野菜を作る“農家レストラン”のスタイルを提案しつつ、様々な土地を訪ね、人に接し、その経験を料理に反映している。

0206

醤油・味噌の醸造蔵
「堀河屋野村」十八代目当主
野村圭佑さん

1980年和歌山県御坊市生まれ。中央大学を卒業後、9年間商社にて大豆の輸入に従事。江戸元禄より続く県内最古の醤油・味噌の醸造蔵「堀河屋野村」の家業を継ぐため和歌山へUターン転職。日本人が長年食してきた発酵食品を通して、自らのモノ作りとともに、日本全国の未来に残すべき食文化を精力的に発信している。

0207

“文化としての食”を伝える
フードナビゲーター・株式会社KOTODAMA PRESS 代表 CCO
柴田香織さん

大学卒業後、広告代理店に就職。イタリアスローフード協会が設立した「食科学大学」に第一期生として入学し、大学院で「食品質とコミュニケーション」修了。帰国後、料理誌等での執筆、地方自治体の食の地域振興などに携わり2011年より(株)三越伊勢丹研究所で食品ディレクターを務め2020年4月に起業独立。東京と湯河原の二拠点生活を始める。


■PR動画は今話題のクイックオバケさんが制作!
「わかやまLIFE CAFE」のPR動画は、今Twitterで話題のイラストレーター・アニメーション作家であるクイックオバケさんが制作。都会に暮らす「ぼく」が、食、子育て、働き方、住まい、夢という5つのテーマで、わかやまだからこそかなえられるLIFEのヒントを見つけていきます。和歌山県の自然を再現し、美しい仕上がりになっています。
マンガ動画はこちら↓
公式サイト「わかやまかなえるさんぽ」
 https://www.wakayamagurashi.jp/sanpo/ 

<プロフィール>

0209

クイックオバケ(@QuickObake)
オバケのキャラクターが漫画のコマの中を移動するGIF動画がネットで話題。
漫画を動かすというアイデアと、ノスタルジックでどこか懐かしいイラストが口コミで人気を呼んでいるイラストレーター・アニメーション作家。


■和歌山県ってこんなところ!

一年中温暖で南部は南国ムードいっぱいな気候
平均気温16.8℃、四季の温度変化が少なく、温暖な気候。日照時間が全国平均より長く、特に南部は冬でも暖かく、南国ムードにあふれています。出典:気象庁年報、気象統計情報

0210

▲白良浜(白浜町)
何度も訪れたくなる雄大な自然
紀伊山地を中心とした豊かな山々と清らかな水。
変化に富んだ海岸線と青い海。四季折々に表情を変える自然美が楽しめます。

0211

▲熊野川(新宮市)

0212

▲あらぎ島(有田川町)

2つの空港が使えて便利!
大阪から電車や車で約1時間。
関西国際空港と南紀白浜空港が使えるので、関東からは飛行機もおすすめ。

さらに住みやすいこんな特徴も!

0212

詳しくは、和歌山県公式の移住ポータルサイト「WAKAYAMA LIFE」で移住に関するさまざまな「暮らし」と「働く」情報を確認できます。