八ヶ岳農家麻雀!これからの麻雀は畑でやるべし!
2020.07.03 UP

連載 | ファームフェスの『麻雀ツーリズム!!』 | 4 八ヶ岳農家麻雀!これからの麻雀は畑でやるべし!

LOCAL

みなさん、こんにちは。ファームフェスの柏木です。

世間には、麻雀は三密だとか色々おっしゃる方もいますが、外でやれば良いじゃん!って単純な話ですべて解決。室内でシャカシャカやるよりも、大自然のもと雄大にツモる方がお酒も進めば会話もはずむ、終わった頃にはベロンベロンになるのです。

さて、今回は野菜の無人販売でお世話になっている山梨県北杜市へ。クセの強い農家たちとの野菜をかけたバトルです!闘牌の前に、まずは対戦相手の人となりから紹介させていただきます。

阿久津さん。この日はごぼうを掘ってました。
阿久津さん。この日はごぼうを掘ってました。

「チョンボの阿久津」の畑に行ってきました!

北杜市へは、目黒から車で約2時間。高速を使って中央道長坂IC下車です。見渡す限りの山・山・山。八ヶ岳・富士山・南アルプスから運ばれる風に草木の匂いが混じってとても心地良い地域です。最初に訪問したのは、武川(むかわ)地区。ツモった時のはにかみ笑顔がグッとくる「チョンボの阿久津」さんを訪ねました。

阿久津さんは3年前に新規就農。武川で【DORO】という屋号で野菜を作っています。主力はごぼう・長芋・人参と、すべて土の中で育つ野菜なので、遠目には何を植えているのか全くわからないため、畑はかなり地味です。

根菜類ばかり作る理由は、武川では毎年暖かいシーズンになると、猿がフツーに民家の屋根で暴れまわっていて、トウモロコシとか育てたものなら収穫間際に食べ尽くされてしまい、地中で育つごぼうや長芋じゃないと管理が難しいという、もっともらしい言い訳を聞かされましたが、要は葉物野菜を作るのが苦手だからとのことでした笑。

ごぼうは重機で掘って収穫するのです!
ごぼうは重機で掘って収穫するのです!

コスプレファームがやりたい!のです。

阿久津さんは畑と同じく一見地味ですが、会話のふしぶしにオタ的素養がプンプンしてくるので、僕は大好きな農家です。「農業やってなかったら、パチンコとかギャンブルばっかやってたと思いますよ!ダメ人間なんで!」と、タバコをふかしながら話す阿久津さんが麻雀弱かったらめっちゃかっこ悪いなーと独りごちていましたが、先に言っておきます。めちゃくちゃ弱かったです笑。

阿久津さんと飲むといつも話になるのが「コスプレファーム」。若い頃はゴレンジャーの全身コスチューム(黄色)を頭からつま先まですっぽり着用して、主役でモテるレッドの悪口を言いながら悦に浸っていたという歪んだご趣味をお持ちでした。そんな阿久津さんは、みんなでコスプレしながら収穫をして、やがて恋が生まれるような農場を作りたいというピュアな夢を抱いています。

長い、、、、です。折らずに出荷するまでが大変です。
長い、、、、です。折らずに出荷するまでが大変です。

高宮さんに長芋を

阿久津さんにコスプレして長芋を掘ってもらいたいMリーガーを聞いてみたところ、コナミ麻雀格闘倶楽部の高宮プロとのお答え。さすがです。
高宮プロのご担当者さま、ぜひ高宮プロを農場へ。何卒よろしくお願いいたしますー!

 

次回は八ヶ岳農家麻雀第二弾。「ロック養鶏」みつくん編です!

キーワード

柏木 光二

かしわぎ・こうじ
ファームフェス取締役。大学卒業後に下高井戸で古本屋・バラード堂を経営後、中目黒でブックカフェ・combineを経営。飲みすぎた酒をすべてはきだし、地に足をつけた農業の仕事へと2016年、ファームフェスを設立。日々、地方と目黒を行き来しています。1976年、秋田県湯沢市生まれ。