エコバッグ
2020.07.05 UP

廃棄ブルーシートを再利用したエコバッグ『 BLUE SEED BAG®KANGAROO』登場。

SUSTAINABILITY

小売りや食品メーカーの広告・販促などを中心とした総合広告業務を展開する株式会社スコープ(東京都千代田区)と、熊本を拠点に“寄付するクリエイティブ・エージェンシー”として活動する一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO(所在地:熊本県熊本市)が連携し、被災地で使用されたり、端材として廃棄されるブルーシートをアップサイクルし開発したエコバッグ「BLUE SEED BAG®KANGAROO(カンガルー)」が誕生しました。

アップサイクルとは

サステナブル(持続可能)な「モノづくり」の新たな方法論のひとつ。従来から行われてきたリサイクル(再循環)とは異なり、単なる素材の原料化、その再利用ではなく、元の製品よりも次元・価値の高いモノを生み出すことを最終的な目的としています。

使用イメージ
使用イメージ

背景について

災害大国とも呼ばれる私たちが暮らす日本は、復旧・復興のために多くの「災害ごみ」が生まれます。その中でも象徴的なのがプラスチック「ブルーシート」。倒壊した家屋覆い、雨漏りを防ぎ、災害直後はとても重要な存在です。しかしその強度と価格の安さから代替品はほとんどなく、災害後には大量に捨てられてしまいます。

また、2020年7月1日からレジ袋削減を目的としたプラスチック製買物レジ袋の有料化が義務付けられるなか、REMAKE【ゴミの利活用】RETURN【売上を被災地へ】REMIND【災害をわすれない】を親子で"カンガェルー(考える)”きっかけになればとのことです。

被災地の様子
被災地の様子
ブルーシート加工作業
ブルーシート加工作業

エコバッグ「 BLUE SEED BAG®KANGAROO(カンガルー)」について

持ち手が無いから自由になれる。ミニマル・ライフ・バッグ。

災害ゴミとなったブルーシートを再利用して制作された、"持続可能な地球想い”のエコバッグです。商品名はBLUE SEED BAG®KANGAROO(カンガルー)。「毎日の中で、できることを考える」コンセプトに、商品開発をいたしました。また、売上の一部を、被災地への支援金や環境保護団体に寄付させるとのことです。

 BLUE SEED BAG®KANGAROO

使い方は自由自在。インテリアとしてもお使いいただけます。

BLUE SEED BAG®KANGAROO使用イメージ
BLUE SEED BAG®KANGAROO使用イメージ

商品名:  BLUE SEED BAG®KANGAROO (カンガルー) 親子セット
価格 : 親子セット(大・小2個セット) 1,650円(税込・送料別)
サイズ   :   大 W33.5㎝×H36㎝  底面W20㎝×H11.5㎝
      小 W26.5㎝×H28.5㎝ 底面W15㎝×H8㎝
販売個数:100個(初回計画数)
販売場所:BRIDGE KUMAMOTO(ブリッジクマモト)のECサイト