イケアのオフィシャルロゴを配したコレクション「EFTERTRÄDA/エフテルトレーダ」発売
2020.08.01 UP

イケアのオフィシャルロゴを配したコレクション「EFTERTRÄDA/エフテルトレーダ」発売

NEWS

~東京カルチャーを彩る若者たちとimmaが登場するデジタルフォトブックをウェブサイトで公開~

「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニーであるイケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社(本社:千葉県船橋市)は、イケア初となるオフィシャルロゴを配したアパレルとグッズからなる「EFTERTRÄDA/エフテルトレーダ」コレクションを2020年7月31日(金)よりIKEA原宿にて先行発売しました。その後、8月7日(金)からは全国のイケアストアとIKEAオンラインストアでも販売予定です。
※ストアにより販売する商品が異なります。

ロゴ入り

EFTERTRÄDA/エフテルトレーダ コレクションとは

EFTERTRÄDA/エフテルトレーダ コレクションは、東京カルチャーからインスピレーションを得て生まれた日本発の商品です。その発売を記念して、コレクションのアパレルを着こなし、東京を特別な存在にする若者たちを、それぞれの自宅で撮影したルックブック(デジタルフォトブック)を作成しました。若く個性的な男女と時間をかけて向き合い、彼らが家を通じてどのように自分を表現しているのかに焦点を当て、その一人ひとりのいきいきとしたプライベートな姿をこのルックブックに詰め込んでいます。

今の東京を生きる5人の若者たちが、世界でいちばん大切な場所であるそれぞれの家で過ごすリアルな姿を撮影したこのルックブックには、IKEA原宿のオープンを記念してパートナーシップを組んでいる日本で最も話題のバーチャルモデルのimmaも登場します。都心での限られたスペースの中で自分らしい時間を楽しむ様子をイケアのスタイルを通じて発信します。

EFTERTRÄDA/エフテルトレーダ コレクションは、イケア史上初めてのオフィシャルロゴを配したアパレルとグッズからなるコレクション。シンプルなスタイルのファッションを自分流に着こなし、個性を表現している東京の若者からインスピレーションを得てイケアが開発しました。

他のイケア商品同様、デモクラティックデザイン*1に基づき開発されています。持続可能な調達先から仕入れた綿*2  100%からできたソフトな肌触りのTシャツやパーカー、タオル、また生地にリサイクルポリエステルを使用した持ち運びしやすい折りたたみ傘、全国のイケアストアで導入している無料の給水スポット*3でも使用できペットボトルの削減にもつながるウォーターボトルや、レジ袋の代わりに使えるバッグの10点のアイテムで構成されます。

アイテム

*1  デモクラティックデザインとは、5つの要素(形、機能性、品質、サスティナビリティ、低価格)をすべて兼ね揃えた、イケアの商品デザインから生産にいたるまでのプロセスに影響を与える考え方です。
*2  イケアでは、リサイクルコットンを使用するか、栽培時の水・肥料・農薬の量を減らして農家の利益率を高めた綿花を使用しています。
*3 無料給水スポットが探せるアプリ「mymizu (マイミズ)」にも登録。

  • 1/2