ロペ エターナル「アップサイクルプロジェクト」円から縁へ。サードコレクションがスタート。
2020.08.09 UP

ロペ エターナル「アップサイクルプロジェクト」円から縁へ。サードコレクションがスタート。

NEWS

アパレル事業を主力とする株式会社ジュン(東京都港区)が運営する「ROPE' E'TERNEL(ロペ エターナル)」では、循環型ファッションへ向けての取り組みの一環として過去のコレクションでの残布を無駄にしないための再生プロジェクト「FROM LEFTOVER FABRICS -OUR UPCYCLE PROJECT-」サードコレクションがスタートします。

0601

ロペ エターナルでは今年6月から「フロム レフトオーバー ファブリックス -アワー アップサイクル プロジェクト-」と題し、「残布を無駄にしない」「素材や手法を未来へつなぐ」循環型ファッションへの取り組みを行ってきました。

サードコレクションは、「さまざまなことがつながって、美しい輪を描く」というプロジェクトテーマから円そして縁、relationship(関係性)へと発想を拡げたコレクションです。

京都老舗の染工房の技術で染められた、眼を見張るほどに鮮やかなシルクサテン2種。古い資料からバラの図案を発掘し、趣のあるオリジナルプリントに仕上げたコットンシルクシャンタン。自然そのままの綿糸と張りのあるシルク糸で織られたギンガムチェック柄のオーガンジー。身につける人だけが知っている豊かな肌触り。

傍らにそっと携えたくなるようなコレクションです。

「Silk Satin」collection

16匁の軽やかなシルクサテンは京都のシルク専門の染工房で、吊り干しで鮮やかに染め上げ、柔軟剤を使わずにシルク本来の風合いを大切に仕上げられています。

0603

Pillow & Mini Pillow

円柱状のクッションは大小の2サイズ展開です。「同素材での同型のサイズ展開」というリズミカルなスタイルは、すっかりこのプロジェクトの顔となりました。シルクは抗菌性、防臭性にも優れているので、服に留まらず、身の回り品にも最適です。自然と目にとまる独特な配色のクッションが空間を演出します。

0605

Mini Pillow ¥4,000+tax  Pillow¥5,000+tax

Nighttime Set

常にドレッサーに置いておきたくなるような、素敵な夜のためのシュシュとアイマスクをポーチに忍ばせた3点セットです。アイマスクはシルクサテンならではのなめらかさで、肌にやさしくフィットします。シュシュは髪を結んだ時に光沢が美しく波打つように外側の形状がキープできるテープが施されています。

0606

Nighttime Set ¥5,000+tax

「Cotton Silk Shantung」collection

シャトル織機でゆっくりと丁寧に織り上げたシャンタン素材です。紬に見られるような節のあるシルクの生糸を経糸に玉糸と呼ばれるランダムな節のある綿糸を緯糸に用いています。その効果でシルクの光沢が抑えられ、綿の自然な張りと趣のある表情でヴィンテージのような雰囲気をつくり出しています。

Pillow & Mini Pillow

大胆なバラのモチーフと独特なカラーリングに目を惹きつけられるクッションは中央のボタンから放射状に広がるギャザーがドレスのようにロマンティックな仕立てです。ソファやベッド、ガーデンに、大小ふたつそえるなどいかがでしょうか。

0608

Mini Pillow ¥3,500+tax、Pillow ¥5,000+tax

「Cotton Silk Organza Gingham」collection

何も加工をしていない自然そのままの綿糸と張りのあるシルク糸で織られたギンガムチェック柄のオーガンジーです。オーガンジー加工を施すのではなく、糸の持つ張りを生かして、ゆっくりと丁寧に織られているためオーガンジーならではの張りが半永久的に保たれます。上品な光沢とギンガムの織柄によって生まれた絶妙な透けと陰影が特徴です。

0609

Culotte with Purse

ギャザーがたっぷりと入ったキュロットは、繊細に織られた生地が波打って表情豊かです。ポーチは折り紙のような構造で、裏返すと一枚の布になりコンパクトに収納できます。ファスナーのスライダーに付いているストラップは手首に掛けて持ち歩けるように仕立てられています。

0610

Culotte with Purse ¥3,500+tax

「Silk Crepe Satin」collection 

19匁の肉厚なシルクサテンは、京都の染公房で、生地に負担がかからない吊り染めと天日乾燥という手間をかけて丁寧に仕上げられました。そうすることで、糸の収縮性が保たれ、シボが強調されて、和装生地のちりめんのような風合いが生まれます。

0611

Purse & Mini Purse 

円形のポーチは、薄手の中綿を貼り付け、形が美しく保たれるように工夫されています。ファスナーを開けると、中からコットンシルクシャンタンの大胆なバラ柄が顔を覗かせます。ミニサイズはコインパースやリップケースなどにして持ち歩きたい愛らしさです。

0612

Mini Purse ¥2,000+tax
Purse ¥3,500+tax

FROM LEFTOVER FABRICS -OUR UPCYCLE PROJECT-

「残りものには福がある」と言います。

ROPE' E'TERNELの生地は、時には糸から開発し、伝統的な職人技とその知恵に新たな感覚を加えながら、時間をかけて世に送り出されてきました。残布と言えども、その素晴らしさに変わりはありません。

用の美を配慮した、シンプルで飽きのこない、夢のあるものへ。
その意志を胸に、デザインはもちろんのこと自社アトリエでの手作業による丁寧な裁断と縫製から、ペーパータグのグラフィックラッピングに至るまでのすべての作業を社内のスタッフ自らが行い、世に送り出すことはものつくりの原点に戻るようで、とてもエキサイティングな体験です。

ROPE' E'TERNELの知恵と技を結集したこの試みは残布という特性から、ごく少量のリミテッドエディションです。月に一度の新作を発表する、全4回の期間限定コレクションがみなさんの新しい生活様式を快適に毎日を明るく彩るものとなりますよう願っておられます。

ROPE' E'TERNELの「海と風と太陽に捧ぐ」というブランドテーマからファッションモデルであり環境活動家の小野りりあん氏が立ち上げた環境と未来を考えるアクティビストハウス「the roots」へ、売上金の50パーセントが寄付されます。

オンラインストア「J'aDoRe JUN ONLINE」もしくはROPE'アトレ恵比寿西館店にて購入可能です。