「トレンディエンジェル」たかし・斎藤 司 ー よしもと芸人と、私たちができるSDGsを考えよう!
2019.05.24 UP

「トレンディエンジェル」たかし・斎藤 司 ー よしもと芸人と、私たちができるSDGsを考えよう!

SUSTAINABILITY

テレビで見ない日はない「トレンディエンジェル」たかし・斎藤 司さんが、国連とまさかのコラボレーション。
お笑いのプロならではの、SDGsへの第一歩を提案してもらいました。
身近なこと、小さなことでもみんなで取り組めば、大きな力になります!

貧困をなくそう

町で会った薄毛におごる

斎藤司(以下斎藤)

毛もお金もなくて、そのうえさらに虐げられなくても……。

たかし

ハゲに悪い人はいないですからね。

斎藤

まちをパトロールして、毛を……じゃなくてご飯をおごりますよ。昔はコンビニに行って200円しかなくても大丈夫で、ないならないなりの生き方があったなあ。でも、これは命に関わる問題だからね。あ、毛がなくても命には影響ないから。

町で会った薄毛におごる

 

エネルギーをみんなに
そしてクリーンに

僕たちはドライヤー使わない!

斎藤

世界ではエネルギーが限られている。テレビ、電子レンジ、炊飯器と一緒にドライヤーを使ったら、ブレーカーが落ちてしまう。だから、いつか、頭にソーラーパネルを設置して、サイボーグのように頭にチップを埋めて内蔵型にして毛を乾かす。Bluetoothで余剰電気を飛ばして、もしもの時はドナーカードで引き継ぐこともできる、とか……。

たかし

それこそ身近なドライヤーの使用時間だって10秒から5秒に減って、いずれはゼロに。夏にエアコンを使わなくても済むくらいに、僕たちは進化していっている。

斎藤

生きていることでエネルギーを使う。車も電車も。だから、セグウェイで“ハゲウェイ”ですよ。

僕たちはドライヤー使わない!

photographs by Hiroshi Takaoka
text by Mari Kubota

本記事は雑誌ソトコト2019年6月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

キーワード