温泉好き注目。『福島市』/ 新規移住者に『有名温泉入浴無料パス(最長3年間)』をプレゼント
2020.08.17 UP

温泉好き注目。『福島市』/ 新規移住者に『有名温泉入浴無料パス(最長3年間)』をプレゼント

NEWS

福島市は、特定の条件を満たした新規移住者とそのご家族に対するWELCOMEサービスとして、福島市で充実したレジャーライフをお過ごしいただけるよう、福島市民自慢の有名温泉(飯坂温泉・高湯温泉・土湯温泉)共同浴場を最長3年間無料で利用できる『湯めぐりパスポート』を贈呈することを発表されました。

特定の条件を満たした新規移住者とは、

  1. 移住フェア等に参加した方
  2. 移住者向け市営住宅に入居する方
  3. 福島市空き家バンクに掲載のある空き家又は農地付住宅に入居する方
  4. 新規に農業経営を開始する方

のいずれかを指します。

0601
『高湯ブルー』が楽しめる共同浴場『高湯温泉あったか湯』

コロナ禍で沈みがちな日本に毎朝『元気』を届けてくれる『朝ドラ・エール』。再放送中の現在も好調な視聴率がそれを物語っています。主人公のモデル『古関裕而』さんの出身地の福島市は、福島県の政治・経済・文化の中核でありながら、温泉観光をはじめ、山岳観光、花観光、一風変わったところでは『UFO観光』など、多種多様な観光資源に恵まれています。また、フルーツ王国とも言われている福島市では、主力の桃に加え、さくらんぼ、りんご、なし、ぶどうなど、5月から11月までおいしい果物狩りを楽しむことができます。 

住民にとって、日々の生活に潤いをもたらしてくれる魅力満載の福島市ですが、決して平坦な道のりではありませんでした。来年3月には、東日本大震災・原発事故から丸10年を迎えます。この間も、台風19号災害に見舞われ、起死回生のバネになると期待していた「復興五輪」と朝ドラ「エール」の効果も、新型コロナの影響でほとんど見られないなど、厳しい状況が続きます。それでも福島市は、ご支援くださる全国の皆さまへの感謝を胸に、足を止めることなく未来づくりに向けて歩んでいます。

木幡 浩 市長は、移住検討中の方々にこう呼びかけます。

福島市は、県都クラスの都市としては特に自然に恵まれ、田園的魅力と都市的利便性を程良く兼ね備えていると思います。今回、移住者の皆さまに、最も特徴的な財産である温泉をお楽しみいただける特典をご用意しました。《温泉巡りによるリラックス効果》が皆さまの人生とともに、公私にわたる活動を一層充実させて、福島の力になっていただければ幸いです。

福島っ子が大好きな温泉巡り。本プランを通じて、移住者の皆さまの『福島愛』が大きくはぐくまれることを願ってやみません。魅力満載の福島市へ、ぜひ、こらんしょ‼(お越しくださいね)

0602
飯坂温泉人気NO,1の共同浴場『鯖湖湯』