冷製ままかりパスタ
2020.09.02 UP

余ったそうめんや野菜と和えるだけ!岡山の郷土料理「ままかり」の冷製パスタ

FOOD

在宅ワークの昼食は簡単に済ませたくて、ついつい冷凍モノやインスタント食品に頼りがち。栄養面を考えたら手作りがいいのは分かっているのだが、できれば短時間で作ってサッと食べたい。そんな時に、余ったそうめんで手軽に作れて、魚も野菜もたっぷりとれる冷製パスタのレシピを紹介する。

岡山の味「ままかりの酢漬け」を使って作る冷製パスタの簡単レシピ

夏の終わりに食材ストックをチェックしてみると、余っている確率が高いそうめん。しかも一束や二束など半端な量だと、「そうめんとして食べるにはちょっと物足りない」ということがある。
そんな時は、他の食材と和えてパスタ風にいただくのがおすすめだ。今回は、岡山の郷土料理「ままかりの酢漬け」を使って冷製パスタに。もともと味付けがされているので、茹でたそうめんに野菜と合わせて和えるだけの簡単レシピだ。

ままかりの酢漬け
岡山の郷土料理「ままかりの酢漬け」。岡山ではスーパーでも手に入る。

材料(2人分)

  • ままかりの酢漬け 1パック(110g)
  • そうめん 2束
  • トマト 1個
  • 大葉 2枚
  • めんつゆ(2倍濃縮) 大さじ4
  • オリーブオイル 大さじ4

作り方

  1. トマトは乱切りにし、大葉は細切りにする。
  2. ボウルにトマト、大葉、ままかりの酢漬けを入れて、めんつゆとオリーブオイルを加えて和え、冷蔵庫で冷やす。(冷蔵庫から出したばかりの食材ならそのままでもOK)
    ままかりの冷製パスタ具材
    切って和えるだけ。具材だけでマリネとして食べてもおいしい。
  3. そうめんを茹でて、茹であがったら冷水にとり、水を切る。2に加えて和え、器に盛り付けたら完成。

 

ままかり冷製パスタ

ままかりの酢漬けに味付けがされているので、あとは市販のめんつゆとオリーブオイルで味を調えるだけ。ままかりはショウガと唐辛子、昆布が入った甘酢に漬けられていて、さっぱりと食べられる。酸味のあるトマトと香り良い大葉とも相性が良く、暑くて食欲が落ちている日にも食べやすい。
ままかりの一切れが大きすぎる場合は半分に切っても良いが、そのままの方が手間がかからないし食べ応えもあって、見ためのボリューム感も食欲をそそる。

撮影・文:西 紀子

岡山県ホームページ、農林水産省ホームページ「郷土料理百選」

  • 1/2