アパホテルTKP札幌駅前EXCELLENTのロビー。
2020.09.07 UP

在宅勤務は集中できない?それならアパホテルの「テレワーク応援プラン」で快適な作業環境を。

WORK

快適な作業環境で集中力もアップ。

デスク、チェア、ライトが置かれた作業スペース。
デスク、チェア、ライトが置かれた作業スペース。広々としており、デスク横には冷蔵庫も収納され使い勝手抜群。

テレワークをするうえで最も気になるのが、デスクやチェアの高さ、コンセントの位置などの作業環境ではないでしょうか。今回宿泊した客室には、パソコンを1台置いてもまだ余裕があるほどの広いデスクが用意されていました。デスクトップモニターなどを置いても、広さにはまだ余裕があります。チェアの高さは自由に調節可能で、コンセントはデスクの左右2箇所に設置されているなど、パソコンで仕事をするには十分すぎるほど快適な作業環境です。

仕事だけでなく、旅行気分も味わえる。

バスルーム。
バスルーム。タオルやアメニティは適宜交換・補充してくれる。

また、4泊5日のテレワーク応援プランで宿泊する場合は、滞在中に1回だけ清掃が入ってくれます。ガウンやタオル、アメニティ類などを交換・補充してくれるので、宿泊する上で不便を感じることはありませんでした。館内にはコインランドリーもあるので、滞在中の洗濯にぜひ利用してください。
今回の宿泊料金は4泊5日で15,000円でしたが、デイユースプランの場合はホテルによっては3,000円前後で利用が可能です。大浴場がついていたり、朝食に力を入れていたりと、アパホテルはホテルごとにさまざまな魅力があります。ちょっとした旅行気分を味わいながら仕事ができるので、在宅勤務でストレスが溜まったときはぜひアパホテルの「テレワーク応援プラン」を利用してみてはいかがでしょうか。

続々とテレワークプランに乗り出す宿泊業界

在宅勤務者の増加に伴い、最近ではアパホテル以外にもさまざまな宿泊施設がテレワークプランに乗り出しています。たとえば東京都と全日本シティホテル連盟が連携して開設した「HOTEL WORK TOKYO」も、テレワーク需要の高まりに合わせて生み出された取り組みの1つでしょう。HOTEL WORK TOKYOとは、自宅勤務が難しい社員と宿泊施設をマッチングさせるためのサイトです。サイト内を覗いてみると、テレワークができる宿泊施設を多数見つけられます。
そのほかにも、観光地で休暇をしながらテレワークする「ワーケーション」なども最近では話題です。「自宅では仕事に集中できない」とお困りの在宅勤務の方は、こういった新たなサービスや取り組みを活用しながら、より充実した仕事時間を手に入れてみてくださいね。

アパホテルの「テレワーク応援プラン」詳細

デイユースプラン

【利用時間】8:00~19:00
【期間限定】~2020年9月30日(水)までを予定
【料金】料金はホテルによって異なります

5日連続宿泊プラン

【利用時間】4泊5日、チェックイン8:00~チェックアウト20:00
【期間限定】~2020年9月30日(水)までを予定
【料金】4泊5日:13,000円~(料金はホテルによって異なります)

アパホテル「テレワーク応援プラン」

文・撮影:Hiyori Sato

  • 2/2