オーガニックコットンの「プリスティン」2020AWコレクションが到着
2020.09.20 UP

オーガニックコットンの「プリスティン」2020AWコレクションが到着

SUSTAINABILITY

気持ちのいい毎日のために、手を掛けすぎない、手を抜かない。暮らしに寄り添うMade in Japanのオーガニックコットンブランド「プリスティン」。
2020AWコレクションには、トレンチコートやエコファー、話題のリコットンデニムなど、こだわり満載。何よりとってもおしゃれで、着てみたくなるデザインが魅力です。環境と着る人を大切にする2020AWコレクションに込められた思いを伺いました。

テーマは「Respect the Nature,Love People」天を敬い、人を愛する。

2020AWコレクションのテーマは、「Respect the Nature,Love People」。

「今まで当たり前にしてきたつくり方や素材を、一から考え直し、少しでも地球に負担のないつくり方に変えていく。それが暮らしの中でも気持ちよく使える。そういった自分にも地球にもやさしい選択の積み重ねが、未来を明るく変えていくのだと信じ、作ったコレクションです」

2020AWこだわり①「リコットンデニム」デビュー

プリスティンの「リコットンプロジェクト」とは、簡単に言うと、製品をつくるときに出る端布や古布をほぐして再びコットンにすること。生産過程で出る布を回収し、もう一度命を吹き込む新たな挑戦であり、プリスティンでは「しあわせの循環」と呼んでいます。

プリスティンのりコットンデニムジャケット

「昨シーズンからスタートした『リコットンプロジェクト』の新素材として、リコットンデニムを開発しました。昨シーズンデビューしたPRISTINE circulationの取り組みのひとつ、リコットンプロジェクトから登場したリコットンデニムは、厚手のデニムながらも、リコットンの独特なスラブ感とふくよかさでやわらかな風合いに仕上がりました」

裁ち落としなどのリコットンを30%と、ヴァージンのインド原綿を70%を混紡。デニムの産地岡山で、50年前の豊田自動織機〈GL-3〉で織り上げました。12月上旬の展開予定です。

2020AWこだわり②「トレンチ」シリーズ

プリスティン初のトレンチコートが登場。

プリスティンのトレンチコート

「裾に向かって花が広がるスカラップ刺繍を施した『フラワー刺しゅう』と、ヤクの混紡糸を高密度に織り上げたギャバジンを使った、ライトグレーの定番トレンチコートの2種類です」

フラワー刺しゅうシリーズは、
エレガントな柄をあえてハリ感のある高密度のギャバジンに刺しゅうし、マニッシュなトラッドアイテムに落とし込むことで、甘くない仕上がりに。形は定番のトレンチコートなので、合わせるものを選ばず、さまざまなスタイリングを楽しめます。付属も天然にこだわり、ボタンは水牛のツノからできたホーンボタン、バックルは牛革を使用しています。

ヤクコットントレンチシリーズは、
刺しゅうのトレンチコートよりも12cmほどロングにし、よりハードな印象に。長く飽きずに使えるトラッドアイテムに仕上げました。こちらも付属は天然。ヤク毛のやわらかさとヤクグレーの独特な天然メランジも魅力的です。

  • 1/2