ソトコトの最新号は「未来をつくる本」!
2020.10.13 UP

ソトコトの最新号は「未来をつくる本」!

SASHIDE’S EYE

この10月5日に無事に発売となったソトコトの最新号「未来をつくる本」が好評です。心より感謝申し上げます!

ぼくはその特集内の記事になった東京都武蔵野市の『ブックマンション』と、「サスティナブル・ブックガイド」で選書をしてくださった評論家の宇野常寛さんと『LIFULL HOME’S総研』所長の島原万丈さんを取材させていただきました。当日、お力添えをいただいたみなさま、楽しい時間をありがとうございました!

『ブックマンション』の取材の後、店内で『よだかの星』の古い絵本を買いました。宮沢賢治の悲しくて、やがて美しい作品です。夏、東北の渓流の林道を夕暮れどきに走るとき、「ヨダカがいないかな」と、ぼくはいつも心に思うのです。

もしもご興味ありましたら、ソトコトの最新号「未来をつくる本」をご購入いただけたらこのうえなくうれしいです!

キーワード

指出一正

さしで・かずまさ
月刊『ソトコト』編集長。1969年群馬県生まれ。島根県「しまコトアカデミー」、静岡県「『地域のお店』デザイン表彰」、奈良県「奥大和アカデミー」、奈良県下北山村「奈良・下北山 むらコトアカデミー」、福井県大野市「越前おおの みずコトアカデミー」、和歌山県田辺市「たなコトアカデミー」、高知県津野町「地域の編集学校 四万十川源流点校」など、地域のプロジェクトに多く携わる。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「わくわく地方生活実現会議」、「人材組織の育成・関係人口に関する検討会」委員。内閣官房「水循環の推進に関する有識者会議」委員。環境省「SDGs人材育成研修事業検討委員会」委員。著書に『ぼくらは地方で幸せを見つける』(ポプラ新書)。趣味はフライフィッシング。