和歌山移住をかなえる360°VR職場体験!わかやまLIFE CAFE vol.3。11/8開催。
2020.10.26 UP

和歌山移住をかなえる360°VR職場体験!わかやまLIFE CAFE vol.3。11/8開催。

NEWS

和歌山県では、和歌山県だからできるWORK&LIFEを発信するリアル&オンラインのイベント「わかやまLIFE CAFE」の第3回、「仕事は楽しい」をかなえよう。『360° QUICK MEETUP』を、2020年11月8日(日)にオンラインで開催します。

「わかやまLIFE CAFE」では、移住を考える人をサポートし、「かなえよう。」をテーマに、和歌山県で生活するゲストのトークショーや移住に関するプレゼンテーション等のイベントを、食・子育て・働き方・住まい・夢、という5つのテーマで実施しています。

0701

第3回の今回のテーマは「仕事」。縛られないライフスタイルに注目が集まり地方で暮らしたいと考え始める人が増えている今、「移住っていいかも」と思ったときに鍵になるのが仕事です。和歌山には、現地を紹介してもらい、人と出会い、職場を紹介してもらう中で新しい仕事と「縁」が結ばれた移住者の方がたくさんいます。しかし、今実際に現地の「仕事の現場」に見学に行くには、忙しい毎日の中で時間をつくることや感染症リスクなどの問題もあり、ハードルがあるのが現状です。

そこで、今回和歌山県が着目したのが、360°VRを使った仕事体験です。実際の仕事場をVRで体験し、よりリアルに現場の人から話を聞くことで、その土地で働くことにリアリティを持っていただくことができ、何より、そこにいる「和歌山の人との縁」を感じてもらうことができます。今回参加いただく和歌山県の「働く人」たちは、自然と触れ合う仕事、コミュニティを育てる仕事、好きを見つける仕事、文化を継承する仕事、ワーケーションな仕事、をかなえている5組の皆さんです。「仕事は楽しい」をかなえた皆さんのお話を聞いて、和歌山のリアルな職場を体感してください。

なお、11月1日(日)までにお申し込みしていただいた方100名様に、VRスコープ「ハコスコ」をプレゼンします。自宅に送られてくる「ハコスコ」を覗けば、お仕事現場にひとっ飛びできます!

イベント概要

わかやまLIFE CAFE Vol.3「仕事は楽しい」をかなえよう。『360° QUICK MEETUP』
日時  :2020年11月8日(日)13:00~14:30
主催  :和歌山県
共催  :認定NPO法人ふるさと回帰支援センター
定員  :100人
参加費 :無料
参加方法:下記フォームより予約してください。

タイムスケジュール

13:00~ 解説ゲスト紹介、VRハコスコ体験説明
13:05~ クロストーク「仕事は楽しい」を、かなえよう
13:25~ 360° QUICK MEETUP
     01.「自然と触れ合う仕事」を、かなえよう。
     02.「コミュニティを育てる仕事」を、かなえよう。
     03.「好きを見つける仕事」を、かなえよう。
     04.「文化を継承する仕事」を、かなえよう。
     05.「ワ―ケーションな仕事」を、かなえよう。
14:15~ 質問・相談コーナー
14:25~ 次回予告、仕事窓口案内など

0702

 11月1日までにお申し込みの方に、オリジナルデザインのVR体験キット「ハコスコ」プレゼント!※申し込み多数の場合は抽選となります。

0703

Twitterで話題のイラストレーター・アニメーション作家であるクイックオバケさんが制作した「わかやまLIFE CAFE」のPR動画に出てくる、「働く現場」を覗くことができます!都会に暮らす「ぼく」が、食、子育て、働き方、住まい、夢という5つのテーマで、わかやまだからこそかなえられるLIFEのヒントを見つけていきます。

0704

クイックオバケ(@QuickObake)
オバケのキャラクターが漫画のコマの中を移動するGIF動画がネットで話題。漫画を動かすというアイデアと、ノスタルジックでどこか懐かしいイラストが口コミで人気を呼んでいるイラストレーター・アニメーション作家です。

クロストークゲスト

「仕事は楽しい」を、かなえよう。
面白法人カヤック ちいき資本主義事業部 事業部長
中島 みきさん

0704

大阪市生まれ。
長野・千葉・東京など様々な地域で暮らす。
広告代理店を経て、2006年オーバーチュア株式会社、2008年よりヤフー株式会社に入社。2013年より同社営業推進本部長として、ヤフー広告サービスの「売れる仕掛けづくり」を担う。2018年4月よりPayPay株式会社の立ち上げに参画、「100億円あげちゃうキャンペーン」を企画運営。2019年6月、カヤックLivingに参画。現在、地域の人との繋がりをつくる「SMOUT」、使えば使うほど仲良くなるお金「まちのコイン」を運営。 シェアリングシティ推進協議会 関係人口領域アドバイザリーボード。 国土交通省「ライフスタイルの多様化と関係人口に関する懇談会」委員。

360° QUICK MEETUPで会える「働く人」たち

MEETUP01
「自然と触れ合う仕事」を、かなえよう。
未経験からハンターへ。自然と触れ合う狩猟の楽しさと、地域に役立つ仕事の誇り。
古座川ジビエ山の光工房 鈴木貴裕(ジャイアン貴裕)さん

0708

「自然の中で子育てを」との思いで千葉県から古座川町へ。ふるさと定住センター職員を経て、狩猟の世界へ。銃の所持許可、狩猟免許を取得し、『山の光工房』の職員として解体技術や鹿・猪に関する知識を身につけます。リングネーム「ジャイアン貴裕」で総合格闘技の舞台で活躍する格闘家でもあります。

 MEETUP02
「コミュニティを育てる仕事」を、かなえよう。
暮らしの根を張る場所で、ともに夢を語れる仲間と誰かの居場所を生み出す。
Guesthouse RICO(株式会社ワカヤマヤモリ舎)宮原崇さん 橘麻里さん

0705

「訪れる人が、出会いを通して自分の中にある豊かさの種に気づく場所に」という想いをコンセプトに旅人を迎え入れる『Guesthouse RICO』。築50年の5階建て共同住宅を活用して2015年12月にオープン。和歌山の玄関口であり、コミュニティを担う場所でもあります。

 MEETUP03
「好きを見つける仕事」を、かなえよう。
和歌山で見つけた、世界につながる本物を追い求める仕事。
平和酒造株式会社 高木加奈子さん

0707

東京農工大を卒業後、お酒の造り手を目指し日本酒「紀土」を作る和歌山の平和酒造株式会社へ就職。雑用と修行の期間を経て、一人前の造り手に。製造責任者とクラフトビールの新ブランド「平和クラフト」立ち上げに取り組み、イベントや東京への営業活動など活躍の場を広げています。

 MEETUP04
「文化を継承する仕事」を、かなえよう。
失うには惜しい古民家という文化を未来に継いでいく喜び。
風の古民家うえみなみ 南出典子さん

0708

300年前にできた登録有形文化財の古民家を回収し、豊かな自然の中の一日一組限定の宿、風の古民家「うえみなみ」に蘇らせる。和歌山県の「しごと」のある「くらし」体験受入事業者として、ゲストハウスの運営に関わること、集客、接客、料理、古民家の維持管理について学べる場を提供している。

 MEETUP05
「ワーケーションな仕事」を、かなえよう。
和歌山県でIT技術を磨き、社会に役立てることで広がっていく自由。
クオリティソフト株式会社 社員のみなさん

0709

世界へ向けたサービスを生み出す会社、クオリティソフト。世界中どこでも使えるICTの技術を磨きながら、美しい五色ヶ浜の景色を臨み、集中とリラックスのいい切り替えができているという社員のみなさんが、和歌山での暮らしの魅力や、これからの人生でかなえたいことを語ります。