折って、巻いて、切って、食べる! ー 野菜と寒天のみが原料の、食べられるカラフルシート
2019.07.11 UP

折って、巻いて、切って、食べる! ー 野菜と寒天のみが原料の、食べられるカラフルシート

SOCIAL

海苔のようにも見える、カラフルな正方形のこのシート。これは、野菜をペースト状にして乾燥させた、その名も「VEGHEET(ベジート)」という商品。約20年前に熊本県の海苔メーカーで生まれたアイデアで、『アイル』の代表取締役・早田圭介さんがこれを引き継ぎ、20年弱もの開発期間をかけて2017年9月、ついに完成した。

味や食感、量産のための機械調達などでいくつもの苦難があったというが、それでもやり遂げることができたのはなぜだろう。「『VEGHEET』は、野菜嫌いのお子さんなどでも野菜の栄養を摂りやすい商品です。長崎県内の農場で出た規格外の野菜を使ってつくっているので農家さんに喜んでもらえますし、平戸市には製造業がほとんどないので新たな産業として地域貢献もできます。みんなに喜んでもらえる商品を生み出したかったんです」。みんながうれしいソーシャルなビジネス。食卓を彩るのにぴったりの逸品だ。

\ここがオススメ/
野菜やお米と合わせ使い方はいろいろ。

寒天が入っているので腹持ちがしやすく、野菜を包んだベジロールにすれば立派な朝ご飯になる。カロリーもなく、グルテンフリー。

VEGHEET
野菜と寒天のみを原料にしたシート。野菜の色や味がそのまま生かされていて、さまざまな料理に使うことができる。霧吹きなどで水分を含ませてから使用する。写真上から、にんじん、ほうれん草、トマト、大根。にんじんと大根が発売中で、秋頃にトマト、ほうれん草、カボチャを新発売予定。首都圏の『イトーヨーカドー』などで販売中。●10枚入り/各750円(アイル http://vegheet.com

ベジシート

photographs by Jiro Matsushita
text by Yoshino Kokubo

本記事は雑誌ソトコト2018年8月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。