あなたは読めますか?秋保「〇〇〇」ヒントは温泉地として有名な宮城の地名!
2020.12.14 UP

あなたは読めますか?秋保「〇〇〇」ヒントは温泉地として有名な宮城の地名!

LOCAL
 

秋保(あきう)温泉周辺の観光スポット&グルメ

 

秋保(あきう)温泉周辺には、自然を満喫できる観光スポットや、ここでしか味わえないグルメがたくさん!その中でも、秋保(あきう)を訪れたらぜひ行きたい観光スポットやグルメをご紹介します。

 

秋保といえばまずはここ!「秋保大滝(あきうおおたき)」

秋保大滝
大迫力の秋保大滝

水しぶきを肌で感じるほどの壮大な「秋保大滝(あきうおおたき)」は、ぜひ訪れたい場所の一つ。幅6m、落差55mの大きな滝は、間近でみると迫力満点。国の名勝にも指定されています。季節によって見える風景も変わるので、秋保(あきう)の豊かな自然を存分に感じられるスポットです。

 

《秋保大滝》

住所:〒982-0244 宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝

駐車場:あり(約200台:無料)

アクセス:大駐車場から 滝見台まで約5~10分、滝つぼまで約20~30分(徒歩)

 

自然が作り出した峡谷美「磊々峡(らいらいきょう)」

 
磊々峡
美しい峡谷が続く

約1㎞続く峡谷「磊々峡(らいらいきょう)」。巨大な岩が川に覆いかぶさるような美しい景観が魅力です。長い年月をかけて名取川が岩を浸食することで生まれたのだそう。

 
覗き橋
ハートを探しながらの散策も楽しい

峡谷にかかる「覗橋(のぞきばし)」からは、ハート型のくぼみを見ることができ、恋人の聖地としても認定されています。ゆっくり散策を楽しめるおすすめのスポットです。

 

《磊々峡》

住所:〒982-0241宮城県仙台市太白区秋保町湯元枇杷原

駐車場:無し(秋保里センターの駐車場を利用・25台/無料)

 

秋保の名物グルメ!手づくり「おはぎ」

おはぎ
あんこ、きなこ、ごまが定番の味

秋保の名物グルメは、なんと「おはぎ」。地元のスーパー「主婦の店さいち」には、おはぎのコーナーが設けられており、できたてのおはぎがずらりと並びます。無添加・手づくりのおはぎは、優しい甘さと絶妙な塩味が絶品!夕方には売り切れてしまうほど人気なんだとか。立ち寄る際は早めに行ってみてくださいね。

 

《主婦の店さいち》

住所:〒982-0241宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師27

営業時間:9:00〜19:30

定休日:第2・第4水曜(祝日の場合は営業、8月・12月は変更あり)

 

宮城の秋保(あきう)は見どころいっぱい!

今回は宮城県仙台市にある秋保(あきう)の読み方や地名の由来、周辺の観光スポットなどをご紹介しました。温泉や自然、グルメをたっぷり堪能できる秋保(あきう)、ぜひ訪れてみてくださいね。

 

文:さいとうえみり

  • 2/2