リノベーション・オブ・ザ・イヤー2020総合グランプリが決定。
2020.12.15 UP

リノベーション・オブ・ザ・イヤー2020総合グランプリが決定。

NEWS

一般社団法人リノベーション協議会は、2020年を代表する魅力的なリノベーション作品を決定するコンテスト「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2020」(選考委員長:リノベーション協議会 発起人 島原万丈)の授賞式および選考委員による講評会を12月10日(木)に東京都千代田区の内幸町ホールにて開催し、総合グランプリ、部門別最優秀作品賞、特別賞を発表しました。

このコンテストでは、消費者にとって関心の高い施工費別に「500万円未満部門」「1000万円未満部門」「1000万円以上部門」「無差別級部門」の4部門を設けています。全国からエントリーされた計268作品を、リノベーションの楽しさ・魅力・可能性という点にフォーカスしてSNSを活用した一般ユーザーの声を取り入れ一次審査をし、61作品をノミネート選出。その後、住宅系を中心としたメディアの編集者8名で構成された選考委員によって最終審査を実施し、総合グランプリ、部門別最優秀作品賞4点、特別賞14点を決定しました。

受賞作品一覧

□総合グランプリ
「リモートワーカーの未来形。木立の中で働く。住まう。」/株式会社フレッシュハウス

71

□<500万円未満部門>最優秀作品賞
「サスティナブルにスマートハウス」/株式会社シンプルハウス

72

□<1000万円未満部門>最優秀作品賞
「日曜漁師」/株式会社オレンジハウス

73

□<1000万円以上部門>最優秀作品賞
「Old & New 古くて新しい・古民家のカタチ」/株式会社ラーバン

75

□<無差別級部門>最優秀作品賞
「SWEET AS_スポーツを中心に地域コミュニティが生まれる場所」/リノベる株式会社

75

<特別賞>

□コンパクトプラン二ング賞
「団地育ちの原風景」/株式会社grooveagent

□ユーザービリティリノベーション賞

「この先もつづく日常に根ざした家」/株式会社grooveagent

□ニューノーマルワークスタイルデザイン賞
「働く場所から、自由になろう。」/株式会社LIFULL

□地方創生リノベーション賞
「旧藩医邸を癒しの温泉宿に再生城下町アルベルゴディフーゾへの挑戦」/paak design株式会社

□古民家再生リノベーション賞
「「おばあちゃんの家みたい!」が一番の褒め言葉」/G-FLAT株式会社

□ニューノーマルライフスタイルデザイン賞
「山と渓谷、エクストリーム賃貸暮らし。」/株式会社ブルースタジオ

□こだわり空間リノベーション賞
「GOOD TIME is 【他には無いもの】.」/株式ニューユニークス

□エスセティック空間リノベーション賞
「心を掴むストック 都住創を継ぐ」/株式会社アートアンドクラフト

□借景空間リノベーション賞
「熊本城をのぞむ望楼の住まい。清正に倣う、永く愛される建築の教え。」/株式会社ヤマダホームズ

□公共空間リノベーション賞
「予約殺到のトレーラーホテル。PFIによるビーチリノベーション。」/9株式会社

□マーケティングリノベーション賞
「完成度90%で販売する「未完成住宅」」/9株式会社

□シェアリングリノベーション賞
「賃貸(RENT)の常識をひっくり返す!TNER(エコラ+リビタ)」/株式会社エコラ

□次世代再販リノベーション賞
「THE NEW STANDARD」/株式会社リアル

□先進的省エネビルリノベーション賞
「未来への贈り物〜地中熱ヒートポンプにより生まれ変わるZEB社屋〜」/棟晶株式会社

76

78

79

選考委員

選考委員長:島原 万丈 / LIFULL HOME'S総研所長(株式会社LIFULL)
選考委員(五十音順・敬称略):
・池本 洋一 / SUUMO編集長(株式会社リクルート住まいカンパニー)
・坂本 二郎 / LiVES編集長(株式会社第一プログレス)
・佐々木 大輔 / 日経アーキテクチュア編集長(株式会社日経BP)
・指出 一正 / ソトコト編集長(株式会社sotokoto online)
・立石 史博 / 住まいの設計 編集長、リライフプラス 編集長、ふるさとニュースマガジンカラふる 編集長(株式会社扶桑社)
・徳島 久輝 / RoomClip mag 編集長(ルームクリップ株式会社)
・西山 千香子 / リンネル編集長(株式会社宝島社)
・八久保 誠子 / LIFULL HOME'S PRESS 編集部 編集長(株式会社LIFULL)
・藤島 由希 / LIMIA ディレクター(グリーライフスタイル株式会社)