「ニイガタフリーランス爆増計画」プロジェクトがスタートしました。
2020.12.23 UP

「ニイガタフリーランス爆増計画」プロジェクトがスタートしました。

NEWS

地方で移住・定住サポートを行うきら星株式会社(以下:きら星)は、新潟県よりフリーランス移住促進業務の委託をうけ、広報PR支援を行うストリームズジャパン株式会社(以下ストリームズ)と共に、新潟県へフリーランサー(テレワーカー、小規模事業者も含む)の移住者を促進するプロジェクト「ニイガタフリーランス爆増計画」を開始しました。

「ニイガタフリーランス爆増計画」プロジェクトとは

新潟県は、日本で初めて「テレワーカー・フリーランス移住応援金」制度を採択されました。移住前の仕事を継続しながら東京圏(東京都、埼玉県、千葉県及び神奈川県)から県内に移住するテレワーカー・フリーランス等の方に対し、応援金を支給するものです。新型コロナウイルスの感染拡大を契機として、働く場所にとらわれず新しいライフスタイルを新潟県で実現したいと考える方へ「フリーランスの移住ならニイガタ」の魅力をフリーランス協会やメディア「にいがた暮らし」などを通して広報していきます。

51
ニイガタフリーランス爆増計画

日本初「フリーランス、テレワーカー移住応援金」制度について

■対象者(下記のほか要件あり)

令和2年6月19日以降に、東京圏(東京都、埼玉県、千葉県及び神奈川県)から新潟県に移住した方で、以下に該当する方。

1、テレワーカー(企業等に雇用され、新潟県外に所在する事業所に所属)

2、フリーランス等(小規模企業者の代表者、個人事業主を含む。移住前1年の起業や、移住後の起業は除く)

2、支給額:家族での移住(50万円/世帯) 単身での移住世(30万円/人)

3、受付期間・申請方法:令和3年3月15日(必着)まで 

※期間内であっても予算上限に到達した場合、交付決定はできません。

52
フリーランス移住応援金

フリーランス、テレワーカーにニイガタ移住がオススメの理由

移住といっても山奥で田舎暮らしがしたいわけじゃない。“都会の便利さ”と“地方の豊かさ”をハイブリッドに楽しめて自分らしく生きられる。楽しく仕事をし、人とつながり、遊ぶ。人生を豊かにする、ハイブリッドな暮らしがニイガタで実現します。

ビジネス編

意外と都心は近い?!新幹線で最短72分。

東京側の玄関口・越後湯沢へは最短で72分で東京駅まで出ることができます。新潟駅、上越妙高駅もそれぞれ100分圏で東京に出れるので、当日に急な打合せがあっても移動が可能です。

交流が盛んで、新しい仕事も生まれやすい

新潟県は、フリーランスや小規模事業者、テレワーカーが増加しており、コワーキングオフィスも充実。コミュニティマネージャーがハブになり横でつながる環境が整っていて、仕事を依頼しあったりなど新しい仕事が生まれています。

フリーランス、テレワーカーに優しい

日本で唯一フリーランスの移住を誘致、応援金サポートを決めた新潟県。今後もチャレンジする人を応援してくれることを期待できます。

ライフ編

広くてリーズナブルな住宅。

駅近や繁華街近くの物件も多く、戸建て、マンション、シェアハウスなど選択肢は多い。畑付きや温泉付きの物件も!基本生活費や住宅購入費もリーズナブルで、基本生活費も安いので生活コストを抑えられます。

四季折々を感じる丁寧な暮らし。

春には花々に新緑、遠くの山々には雪が残り、小鳥のさえずりが聞こえ、夏は涼しく川遊びやトレッキングが楽しめます。秋は黄色や赤に染まった木々を眺め、冬はしんしんと降り注ぐ雪。豪雪地帯ならではの景色が楽しめます。

自然豊かな新潟。余暇もグルメも満喫!

新潟は、海にも里山にも2,000m級の山々にも短時間でアクセスでき、マリンレジャーや登山、ウインタースポーツなどアウトドアライフを思い切り満喫することができます。温泉地数全国3位の新潟では、147か所ある温泉地巡りや、美味しいお米や日本海の海の幸、日本酒、5大ラーメンなど、新潟はグルメの宝庫です。

「新潟県で暮らしてみたい」と思ったら

【どの地域に住むかを決めていない方向けの相談窓口】にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた

「魚沼で暮らしてみたい」と思ったら

【南魚沼・湯沢・津南エリアに強い相談窓口】魚沼湯沢暮らしごと