富山で自分らしいつながり方を見つける「とやまつながるラボ」受講生募集中です!
2020.12.25 UP

富山で自分らしいつながり方を見つける「とやまつながるラボ」受講生募集中です!

LOCAL

「とやまつながるラボ」は、富山県外在住で、富山の地域づくりや暮らしに関心を持つ社会人の方を対象とし、富山とつながる関わりしろを発見することを目的として開講するオンライン講座です。初開催となる今回は、関心に応じて「つながるローカル・プロジェクトコース」と「つながる暮らしコース」のいずれかをお選びいただきます。
オンラインで富山のひと・コトと出会い、受講生の皆さんと一緒に富山との関わりを深めるきっかけにしてみませんか?

講座のお申し込みはこちら!

自分らしい関わり方で選べる2コース

① つながるローカル・プロジェクトコース

地域資源の活用や課題解決を考えてみたい方のためのコースです。
担当メンター:島田 優平氏 (ジソウラボ 代表理事)

つながるローカル・プロジェクトコース

② つながる暮らしコース

富山とつながる、自分らしい暮らし方や働き方を考えてみたい方のためのコースです。
担当メンター:姫野 泰尚氏 (合同会社シェアライフ富山 代表社員)

つながる暮らしコース

講座スケジュール

※各回の予定は都合により変更となる場合がございます。

第1回講座【オンライン合宿 DAY1】富山のプレイヤーに学ぶ

開催日時:2月6日(土)13:30〜16:00 
各コースのメンターが、人選した富山のキー・パーソンをゲストに迎え、それぞれの活動事例に学び、受講生のみなさんとの会話を通じて深堀りします。

オンライン交流会:とやまの味で楽しむ交流会(17:00〜19:00)
事前にお送りする富山の食、飲物を楽しみながら、メンターやゲストとのつながりを深めるオンラインの交流タイムです。

第2回講座【オンライン合宿 DAY2】富山との関わりしろを考える

開催日時:2月7日(日)9:00〜12:00
DAY1の学びをもとに、富山とつながるテーマ・活動アイデアについてグループでプランを考えます。それらを発表・共有し、メンターからアドバイスを受け、最終発表につなげます。

第3回講座【最終発表会(オンライン)】つながりPlanのまとめ

開催日時:3月13日(土)13:00〜17:00
メイン講師の『ソトコト』編集長・指出一正やメンターからのレクチャーを受けて最終プランを発表します。

「とやまつながるラボ」開催概要

※令和3年1月16日(土)のオンライン説明会終了後から募集開始となります。ご応募前に募集要項を必ずご確認ください。

応募条件:
・富山県外にお住いで、富山の地域づくり、暮らし、ローカル・ビジネスなどに関心がある方で、原則として講座(延べ3日間)に参加可能である社会人の方。
・PCスキル及びインターネット環境のある方。

受講費:5,000円
※受講費は、全額富山県の美味しい食の産品詰め合わせセット購入費及び発送費に充当します。
※お振込み先は選考結果通知送信時にご案内します。

応募締切:令和3年1月25日(月)22:00まで
※選考結果は令和3年1月27日(水)までに、ご応募時に申請いただいたメールアドレスにご連絡します。

募集人数 :20名程度
※選考基準による規定の最大人数であり、定員を保証するものではありません。
※応募多数の場合、選考させていただく場合があります。

講座のお申し込みはこちら!

受講者募集オンライン説明会

※説明会の募集は終了いたしました。

開催日時

令和3年1月16日(土)13:00~16:30

主な内容

・とやまつながる・トーク「関係人口で富山とつながる」
  指出 一正 メイン講師(『ソトコト』編集長)
・メンター・セッション 「とやま発ローカルプロジェクト/ライフスタイルの魅力」
  島田 優平 氏 メンター(ジソウラボ代表理事 南砺市)
  姫野 泰尚 氏 メンター(合同会社シェアライフ富山代表社員 富山市)
  指出 一正 メイン講師(ナビゲーター) 
・富山県の地域づくりレクチャー
  石川ちえみ 氏 富山県総合政策局 移住・UIJターン促進課
・とやまつながるラボ受講案内とQ/A

説明会についてのお問い合わせ先:info@csri.jp(担当:奥崎・藤原)
事業主体:富山県総合政策局 移住・UIJターン促進課(http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1019/

キーワード

島田優平

しまだ・ゆうへい
ジソウラボ代表理事。南砺市井波生まれ、東京都内の大学を卒業後、奈良県吉野にて林業の世界に踏み出す。富山県にUターン後、県庁職員に。2008年より井波にもどり家業の林業に従事。
近年は南砺市の推進するバイオマス構想に呼応し、森林をキーワードに人と関係性や地域の方向性について考え、事業を通じて地域に貢献できるよう各種事業に参画。2017年には(公社)となみ青年会議所理事長就任。日本遺産の認定をうけた地元井波地域で、井波日本遺産推進協議会ワーキンググループ座長を務める。㈱島田木材代表取締役社長。

姫野 泰尚

ひめの・やすたか
富山市生まれ。滋賀県内での大学生活を過ごした後、長野県で1年、オーストラリアで2年、富山に戻り5年、すべてシェアハウス(ルームシェア)生活を実践。2008年オーストラリアより帰国後、地元の不動産会社へ就職。同年、県内初のシェアハウスを富山市 大泉にオープン。自身も富山にてシェアハウス生活を開始。2年後に2軒目の『シェアライフ磯部』をオープン以降、毎年1軒ずつ新しいシェアハウスをオープンし続ける。
2014年1月、『合同会社シェアライフ富山』を設立。トレーニングルームやBBQのできる屋上、シアタールームなど、物件ごとに特色を持たせた展開で注目される。「シェアハウスは新しい家族の形」と考えている。2017年に富山市ヤングカンパニー大賞(主催:富山市・富山商工会議所)を受賞。

指出一正

『ソトコト』編集長。1969年群馬県生まれ。島根県「しまコトアカデミー」メイン講師、静岡県「『地域のお店』デザイン表彰」審査委員長、奈良県「SUSTAINABLE DESIGN SCHOOL」メイン講師、和歌山県田辺市「たなコトアカデミー」メイン講師、秋田県湯沢市「ゆざわローカルアカデミー」メイン講師、福島県郡山市「こおりやま街の学校」学校長など、地域のプロジェクトに多く携わる。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「わくわく地方生活実現会議」、「人材組織の育成・関係人口に関する検討会」委員。内閣官房「水循環の推進に関する有識者会議」委員。環境省「SDGs人材育成研修事業検討委員会」委員。経済産業省「2025年大阪・関西万博日本館」クリエイター。著書に『ぼくらは地方で幸せを見つける』(ポプラ新書)。趣味はフライフィッシング。