熊本県・南小国町 人の手で守り続けられてきた草原。
2021.02.16 UP

連載 | SUSTAINABLE DESIGN 熊本県・南小国町 人の手で守り続けられてきた草原。

LOCAL

 熊本空港から車をしばらく走らせると目の前に広がる、熊本県阿蘇市の草原。まるで人類の生まれるはるか以前から存在するかのような景色だが、実は「人の手」によってつくられてきたものだ。

 草原をそのまま放置すれば、伸び続けた草木がやがて森に変わる。その“森林化”を防ぐため、阿蘇の地では毎年春先になると、野焼きが行われてきた。焼かれた後には火に強い植物の種だけが残り、夏には青々とした草原となる。平安時代の法令集『延喜式』にはすでに「阿蘇の牧野」と記されていて、1000年以上前から人の手が加わり、草原は存在したというのだ。

 草原は、人々にさまざまな恵みを与えてくれる。刈り取った草は、茅葺き屋根の素材や田畑の肥料に。草原は、地元固有種の「あか牛」をはじめとする牛馬の放牧地に。草原があるからこそ、さまざまな循環が阿蘇の地ではめぐり続けてきた。そして、草をむ「あか牛」の姿は、いまなお循環が続いていることを教えてくれるのだ。

草原のあちこちで出合う、放牧中の牛たち。赤褐色の毛色が特徴の「あか牛」は、脂肪分の少ない軟らかな赤身が魅力。国内外から観光客が集まる地元の温泉郷「黒川温泉」の旅館でも、「あか牛」を使った料理をいただくことができる。

photograph & text by Dango Tomomitsu

記事は雑誌ソトコト2021年3月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。