2/17は「天使のささやきの日」由来は6つの条件で見ることができるあの幻想的な景色!
2021.02.17 UP

2/17は「天使のささやきの日」由来は6つの条件で見ることができるあの幻想的な景色!

LOCAL

2月17日は「天使のささやきの日」。この日は、雪国で見られるある幻想的な景色が由来しているんです。天使のささやきの日の由来とは?その幻想的な景色が見られる場所や条件とは?気になる疑問を解説していきます!

2月17日・天使のささやきの日の由来

毎年2月17日は、「天使のささやきの日」。あなたはその意味を知っていますか?

天使のささやきとは、寒い地域である条件が揃うことで見られるダイヤモンドダストのこと。まるで雪の粒が空気中でキラキラと光っているような、幻想的な光景です。

「天使のささやきの日」の由来は、北海道幌加内町の母子里(もしり)地区で、昭和53年2月17日に日本観測史上最低気温となるマイナス41.2℃を記録(非公式)したことにちなんで制定されました。

このような神秘的な名前になった理由は、雪国のマイナスイメージをプラスに変え、雪景色の美しさを知ってもらおうという意図があります。

天使のささやきが見られる条件・場所

雪景色
天使のささやきが見られる条件が揃うのは貴重

では、天使のささやき=ダイヤモンドダストはどのような条件で見られるのでしょうか。

ダイヤモンドダストを見るためには、以下の条件が揃うと見れる確率が上がります。

・とにかく低い気温であること。氷点下10度以下。
・無風(空気が澄みきっている)であること。
・晴れ・快晴であること。
・明け方、朝であること。
・湿度があること。
・視程が1km以上。

 北海道ファンマガジン,https://hokkaidofan.com/diamond_dust/(2021/2/16)

これらの条件が揃った日に、凍った空気中の水蒸気に太陽の光が当たることで、キラキラと光る美しいダイヤモンドダストが見られるのです。このダイヤモンドダストが見られる場所は、寒冷地である北海道の中でも限られた地域。まさに奇跡の光景なのです。

天使のささやきの日に関係するイベント

日本最低気温を観測した北海道幌加内町の母子里(もしり)地区には、記念として母子里クリスタルパーク」が作られました。そして、毎年2月17日の1週間前後、天使のささやきの日を記念するライトアップイベントが開催されています(2021年は中止)。その名も「天使のささやきを聴く集い」

このイベントでは、母子里クリスタルパーク」内のモニュメントのライトアップを観たり、寒さの体験や雪遊びをしたりして楽しむことができるのだそう。運が良ければ、本物の天使のささやきが見られるかもしれません。

天使のささやきを見に行こう!

雪景色
天使のささやきを見に行ってみては?

今回は、2月17日「天使のささやきの日」の由来や、天使のささやきを見られる場所・条件、イベントなどをご紹介しました。2021年のイベントは中止予定ですが、日本でも見られる幻想的な光景をいつか見てみたいですよね。

寒さの体感や美しい雪景色を見るために、北海道加内町の母子里(もしり)地区を訪れてみてはいかがでしょうか?もしも天使のささやきを見れたら、それはとても幸運なことかもしれません。

文:さいとうえみり