2/17は「切り干し大根の日」子どもも食べやすい簡単レシピをご紹介
2021.02.17 UP

2/17は「切り干し大根の日」子どもも食べやすい簡単レシピをご紹介

FOOD

2月17日は千切り大根(切り干し大根)の日!ということで、今回は月間250万アクセスを誇る、鹿児島の人気お料理ブロガーAYAさんに通常の大根よりカルシウムが約20倍と言われる栄養豊富な切り干し大根を使った、誰にでも簡単にできる美味しいレシピをご紹介してもらいました。(※記念日の由来も記事内でご紹介)

食生活アドバイザーとして活躍するAYAさん

AYA
photo 扶桑社

鹿児島県鹿児島市在住のAYAさんは成長期真っ最中の兄妹のお母さん。子供の成長に合わせて尽きない食の悩みをカバーするべく、日々のお料理を研究。10年に渡ってブログでも料理に関する情報を発信されています。現在は陸上を頑張る息子さんをサポートするために、スポーツフードアドバイザーの資格も取得。全国で同じように子育てをしている人や、素材にこだわって家族のためにお料理を楽しみたいと願う人に向けて、美味しいレシピを余すことなく発信し続けています。ブログの中で綴られていた印象的な言葉をご紹介します。

「大切な学童期の食事サポートをする中で、栄養素のバランスだけでなく、子どもの成長や家族の体調、その日のコンディションに合わせ、“食”を通して家族や友達、自分自身、ココロが豊かになるような、五感で楽しめる料理を作っていきたい」

そう語る、前向きで明るいAYAさんですが、『食』と向き合う中では楽しいことばかりではなく、大変に感じている点もあるといいます。

「特に子どもの食事は幼児期から学童期にかけて、とても大事な時期だとわかっていても『食の悩み』は尽きず、毎日の事なので考えるのも作るのも大変と思う時があります。エンドレスで続く日々、やりたくても完璧に出来ないことも多くて、がんばっても改善できない悩みや、ご飯を作るのがしんどい日もあります。そんな時、長年続けてきたブログやSNSを通して知り合った方からの励ましや、楽しみにしてくださる人の声、多くの支えがあり、心折れる事なく日々奮闘できています。」

繋がる人への感謝の気持ちと愛がAYAさんのお料理には込められています。記事の後半ではAYAさんの住む地元鹿児島の美味しいご当地食材や魅力についても教えていただきました。

切り干し大根の日について

切り干し大根イメージ
日光を浴びた切り干し大根

広島県にある、こだま食品株式会社切り干し大根生産の最盛期を迎えるこの時期に日本の伝統食としての良さを広く知ってもらうために制定したそうです。(地域によって千切り大根とも呼ばれますが、切り干し大根と同じ食品です。)こだま食品は野菜関連の健康によい商品を販売している企業です。実はAYAさん、2017年に発売された、こだま食品の「こだま千切り大根」という商品のパッケージに監修したレシピが載っているほど、切り干し大根のお料理マスターさんでもありました。切り干し大根は高い頻度でAYAさん宅の食卓に並ぶそうです。普通の大根より栄養価も高く、天日干しにすることで旨みや栄養が凝縮されます。カルシウムだけでなく鉄、食物繊維なども大幅に含有量が増えるので栄養素として取り入れたい一品。切り干し大根は煮物のイメージが強いですが、実は味噌汁やサラダ、様々なおかずにアレンジ出来る食材なので、子どもにも食べやすい食材。今回は過去にご紹介したAYAさんのレシピブログで紹介しているものとは違う2品を作っていただきました。さっそく次のページでご紹介します!

文 塚越さち
料理写真 AYA
本人写真提供 扶桑社

AYA (著)
『AYAの栄養たっぷり! 食べて楽しい! 家族ごはん』 (扶桑社ムック)
2021/2/26

  • 1/2