2月21日は「漬物の日」。日本には漬物の神様がいる?!伝統の食文化、漬物を楽しもう
2021.02.21 UP

2月21日は「漬物の日」。日本には漬物の神様がいる?!伝統の食文化、漬物を楽しもう

LOCAL

今日は「漬物の日」!

 毎月21日が「漬物の日」となったのは、毎年8月21日に愛知県の萱津神社で「香乃物祭(漬物祭)」が行われているからだそうです。これにならい、漬物業界では毎月21日を「漬物の日」と定め、さらなる漬物の普及を目指すようになりました。

たくあん
たくあん(提供:写真AC)

 萱津神社は、日本で唯一の漬物の祖神といわれる「鹿屋野比売神(かやぬひめのかみ)」を祀る神社で、漬物発祥の伝説も残ります。まずはその伝説をご紹介します。

 むかし、萱津神社を祀る人びとは五穀豊穣を祈り、ウリ、ナス、蓼などの野菜や海の藻塩を神前にお供えしていました。しかし、月日が経てば、お供えした食べ物は腐ってしまいます。あるとき、そんな様子を惜しんだ人が社殿のそばに甕(かめ)を置き、お供えした野菜や塩を入れました。すると、その中で程よい塩漬けができあがったそうです。当時の人びとは、この雨露にあたっても変わらない不思議な味がする食べ物を神様からの贈り物として、万病を治すお守りにしたといいます。このことが、日本の漬物のはじまりといわれています。

塩漬け_梅干し
漬物の定番、梅干しも塩漬け。(提供:写真AC)

 この故事が由来となり、萱津神社では漬物文化の興隆を祈る「香乃物祭(漬物祭)」が行われるようになりました。当日は、一般参拝者も参加できる「漬け込み神事」や、全国各地の漬物業者による「漬物即売会」などが開催されるそうです。(※2021年の開催については、公式ページにて随時ご確認ください。)

<参考>
漬物祖神萱津神社「由緒」https://sites.google.com/site/kayatsujinja/introduction(2021/2/14)
全日本漬物協同組合連合会「毎月21日は漬物の日」https://www.tsukemono-japan.org/tukemono_day21/index.html(2021/2/14)

地域の暮らしをあらわす、漬物文化

 萱津神社の伝説にもある通り、日本でも歴史ある漬物文化。国内でも、地域ごとの気候や風土によって、作られる漬物の種類もさまざまです。

 そこで今回は、全国各地の漬物を取り扱う、東京・千駄木の漬物専門店「やなぎに桜」の店主・柳沢博幸さんに、各地の漬物についてお話をうかがいしました! 漬物の選び方や楽しみ方も教えていただいたので、ぜひ参考にしてみてください。

やなぎに桜_柳沢さん
「やなぎに桜」店主の柳沢博幸さん。築地市場の漬物卸問屋で、業者向けの漬物販売に携わる。その後、本当においしい漬物をより多くの人へ届けるため、2011年に漬物専門店「やなぎに桜」をオープン。現在も全国各地の漬物を食べ続け、本当に食べ続けたい漬物をセレクトし、店で販売している。漬物一筋30年。

文・撮影:Miho Aizaki
カバー写真提供:写真AC

  • 1/2