日本初!持ち運び型 塩水で発電する室内分散型非常用電源が登場。
2021.03.12 UP

日本初!持ち運び型 塩水で発電する室内分散型非常用電源が登場。

NEWS

塩水とマグネシウムで発電する水発電機を製造するQEエナジー株式会社は、スーツケースのように持ち運び可能で、大型冷蔵庫やデスクトップPCに使用できる日本初の室内分散型非常用電源AQUENEOUS Carry300(アクエネオス キャリー300)を令和3年3月24日から498,000円(税抜)で販売受付を始めます。

AQUENEOUS Carry 300は、従来の水発電機を簡単に持ち運びができるようになったため、国内外問わずいつでもどこでも必要な電力を安全に使用することが可能になりました。3月11日で東日本大震災から10年経った今、防災グッズは進化しています。いざという時の非常用電源としていかがでしょうか?過去に発売された塩水で出力する水発電機AQUENEOUSシリーズは、停電の際、冷蔵庫や外出時のスマートフォンなど幅広い給電のニーズに対応しています。避難所や施設での非常電源の活用として、好評いただいています。また、国内のみならず、海外から非常に関心を寄せられています。特に、電力が不安定な地域から注目を浴び、代理店としての契約は、現在6ヶ国以上に及んでいます。

代表取締役の森俊哉は、商品開発のミッションとして、「地球上から全ての停電をなくす」をモットーに「無電化地域や被災地に持続可能で安全な電力を提供」を掲げて国内外にこの技術を積極的に展開していく予定です。

71

商品名:AQUENEOUS Carry 300 (アクエネオスキャリー300)

特徴:
・スーツケースのように持ち運びが可能
・塩水だけで発電
・メンテナンス不要
・有害物質を一切排出しない
・カートリッジ交換で繰り返し使える
・音が静かで騒音なし

仕様:
・サイズ:W500mm×D320mm×H500mm
・重さ:10kg(塩水を除く)
・塩水容器:10L(塩水濃度 約10%)
・出力電圧:ジョンソンターミナル:24V/15A、DCジャック2.1ø24V /4.5、USBボート:q5V/3A×2口
・電気出力:最大出力  300W(内臓バッテリー満充電時)、定格出力 100W(使用条件や使用状況によって変動)
・電力容量 5,000Wh(マグネシウムカートリッジ/リチウムバッテリー500Wh)
※付属の交換用マグネシウムカートリッジ使用時
・発電時間 約50時間
※使用条件や使用状況によって変動
※付属の交換用マグネシウム使用時。10時間ごとに本体内部・カートリッジ洗浄、塩水の交換が必要
・出力弦波 正弦波
・還元電子突破 
・使用周辺温度 0度から40度
・保管周辺温度 −10度〜60度

使用方法:

1.塩水を入れる
2.スイッチをオンにする
3.マグネシウムカートリッジを交換する

価格:498,000円(税抜)※交換用カートリッジ 別売り

塩水で発電する水発電機の技術とは?

マグネシウムと空気と塩水を介して化学反応させることで、安全でクリーンな電気を生み出す発電技術です。飲料水、雨水、海水、尿、醤油など水分であればなんでも発電できるため、防災用途の利用に優れています。塩水とマグネシウムを交換することで、繰り返し何度でも発電することができます。

AQUENEOUSシリーズ

72