環境省主催「持続可能な地域の未来づくりに向けたSDGsリーダー研修」が開催されます!
2019.09.13 UP

環境省主催「持続可能な地域の未来づくりに向けたSDGsリーダー研修」が開催されます!

WORK

昨今、注目を集める「SDGs(持続可能な開発目標)」。次の世代によりよい世界を受け継ぐため、17項目が2030年までの達成目標として示されています。
自分の関わっている地域でもSDGsの達成に向けて動き出したいけれど、一体なにから着手すればいいのかわからない……そんな方のために、環境省主催「持続可能な地域の未来づくりに向けたSDGsリーダー研修」が開催されることになりました。
地方自治体・民間企業・NPO等に勤務するおおむね35歳以下の社会人で、持続可能な地域の未来づくりに関心のある方、ぜひご参加ください!

お申し込みはこちら

どんなことを学べるの?

環境省では、それぞれの地域がもつ特色を最大限活かしながら、互いに資源を補完し支えあうことで活力を最大限に発揮する「地域循環共生圏」の実現を目指しています。これは地域の資源・特産物・景観などを活かして持続的に発展する、次の世代に向けた地域づくりであり、実現するには業種や分野を超えてさまざまな人々と連携・協働することが鍵となります。
そこで、各地の課題や取組事例について学び、ネットワークを広げることで、多様なビジョンを持ち主体的に地域課題解決に取り組む人材(SDGs人材)を育てることを目的とした2泊3日の研修を開催します。
研修は3地域で開催され、一回完結型でそれぞれの地域資源を活用した取組事例を学びます。初回は千葉県いすみ市(10月4〜6日)、第2回は滋賀県東近江市(11月8〜10日)、第3回は福岡県久留米市・うきは市(11月下旬)にて予定しています。講座参加費は無料、宿泊費・食費(懇親会費含む)・現地までの交通費は参加者にご負担いただきます。
※第3回は後日募集開始いたします

千葉県いすみ市ってどんなところ?

初回研修の開催地である千葉県いすみ市は、東京から電車もしくは車で約70分の距離にある、豊かな海山川がもたらす自然の幸に恵まれた、一次産業が盛んなまちです。

千葉県いすみ市

皇室献上米に選ばれたこともある「いすみ米」、贈答用として人気が高い「岬梨」、全国トップクラスの水揚げ高と品質を誇る「イセエビ」、日本二大たこである「真だこ」など、名産品は盛りだくさん。温暖な気候と肥沃な大地、黒潮と親潮が交わる場所ならではの、とても質のいい海の幸・山の幸が手に入る、まさに食の台所です!
豊かな自然環境と食材、利便性にひかれ、毎年さまざまな世代の方が移住しています。

\「持続可能な地域の未来づくりに向けたSDGsリーダー研修in千葉県いすみ市」のご案内/

今回の研修では、『グリーンズ』代表の鈴木菜央さんと『ソトコト』編集長の指出による地域づくりの講座のほか、実際に地元でさまざまな活動を行っている方々を訪れ、彼らのお話を伺うことができます。また参加者同士でのディスカッションも予定しています。

『グリーンズ』代表の鈴木菜央さんと『ソトコト』編集長の指出

視察先の一部をご紹介!

地元農家と連携して自然資源を循環させる「循環型酪農」に取り組む『高秀牧場』。おいしいと評判のチーズやジェラートで6次産業化を推進しており、カフェを併設する牧場には、人気スポットとして市内外から多くの人が訪れています。

高秀牧場

『農園タロとあき』の青木太郎・昭子さんご夫妻が生産する無農薬・無化学肥料の野菜や米、『ファームヤード石野』でトマト専門農家の石野さんが千葉県唯一の栽培方法でつくるトマトは、都内のレストランのシェフから高い評価を得ています。

ファームヤード石野

全国トップクラスの品質を誇るイセエビなどが水揚げされる『大原漁港』では、若い漁師さんたちが大活躍。買ったものをその場で食べられる『港の朝市』のBBQは観光客に大人気です。漁業の未来と資源の活かし方を考える、またとない機会です。

大原漁港

築140年の古民家を活用したシェアハウス「星空の家」や、納屋を改装した民間図書館「星空の小さな図書館」をつくった三星さんは、移住者同士のコミュニティだけでなく、地元の人とのつながりを大切にした暮らしを実践しています。また御田さんご夫妻は、自然栽培・有機無農薬の野菜や自家製発酵食品を使ったメニューを提供している『カフェgreen+』と畑つきエコアパートを経営。お三方とも、いすみ市への移住者です。

カフェgreen+

カフェgreen+

豊かな自然と海・山の幸に恵まれ、それらの資源を活かしながら暮らしをつくる人々。この機会に、ぜひいすみ市でSDGsを学んでみませんか?

——————————————————
日時:10月4日(金)13:15 ~ 10月6日(日)12:30
場所:いすみ市大原文化センター(千葉県いすみ市大原7838) ほか
定員:40名程度
プログラム:
10/4(金) 13:15~18:30

  • いすみ市の取組と課題の概要(いすみ市役所)
  • 視察&ディスカッション(高秀牧場)
  • いすみ市の地方創生 ~地域金融機関から見て~
    (講師)京葉銀行 法人営業部 副部長 根津 久一郎 氏
  • 懇親会(19:00~21:00)

10/5(土) 9:00~18:45

  • 視察&ディスカッション(3グループに分かれて実施)
  • 関係人口のつくり方〜ぼくらは地方で幸せを見つける〜
  • (講師)株式会社sotokoto online ソトコト編集部 編集長 指出 一正
  • コミュニティを通じた持続可能な地域づくりのはじめかた
  • (講師)NPO法人グリーンズ代表  鈴木 菜央 氏
  • 〔グループワーク〕地域循環共生圏の創造に向けた取組を考える

10/6(日) 8:00~12:30

  • 大原漁港 港の朝市(朝食/視察)
  • 研修成果発表会 等

※ご希望の方には宿泊先のご案内をさせていただきます。

お申し込みはこちら【お問い合わせ】
みずほ情報総研株式会社 環境エネルギー第1部
担当:小山田、森岡、佐々木、吉田
E-mail:sdgsleader@mizuho-ir.co.jp

キーワード