全員参加でつくる持続可能な地域の未来-みんなで進めるSDGs-
2020.02.03 UP

全員参加でつくる持続可能な地域の未来-みんなで進めるSDGs-

SUSTAINABILITY

持続可能な地域の未来づくり。一緒に考えてみませんか?

世界の潮流や複雑化する環境・経済・社会の課題を踏まえ、環境・経済・社会課題の同時解決やパートナーシップ構築によるローカルSDGsとして、環境省が提唱している「地域循環共生圏」。

この「地域循環共生圏」の形成に向けて、地域の創り手となる次世代リーダー育成を目的に、「持続可能な地域の未来づくりに向けたSDGsリーダー研修」を2019年に全国3カ所で実施しました。

この研修参加者および、研修に参加していなくとも同じ志を持つ多くの方々に向けて、「地域循環共生圏」の形成に資する講演や、各地の取組の実践者によるアイディア発表・ブラッシュアップのセミナーを開催します。
講師やメンターは、経験豊富な地域の実践者の方々です。

2

会場全体でアイディアをブラッシュアップする体験を通じて、新しい価値を創造していくプロセスや、自分でなにかを始めるためのマインドセットを身に付けることができます。

持続可能な地域の未来づくりに関心のある方、ぜひご参加ください!

お申し込みはこちら

日時 :令和2年2月22日(土) 14時00分~17時45分(受付開始13時30分)
場所 :Nagatacho GRiD 6F 「ATTiC」(東京都千代田区平河町2-5-3)
    東京メトロ 半蔵門線・南北線・有楽町線「永田町駅」4番、9番b出口より徒歩2分
    https://grid.tokyo.jp/access/
定員 :100名(先着順)
参加費:無料
お申し込み締切:令和2年2月17日(月) 17時
プログラム:

14:00~14:10 オープニング、概要説明
       (司会進行)NPO法人ETIC. 理事・事務局長  鈴木敦子 氏
14:10~15:00 キーノートスピーチ 「共感資本社会の実現に向けて」
        株式会社eumo 代表取締役  新井和宏 氏
15:00~15:10 休憩
15:10~16:40 ピッチセッション「メンターと考える、持続可能な地域の未来」
        「持続可能な地域の未来づくりに向けたSDGsリーダー研修」の
        参加者代表によるアイディアピッチ。
        研修後に考えたアイディアを発表し、
        メンターと共にブラッシュアップします!
         [メンター]
         株式会社eumo 代表取締役 新井和宏 氏
         株式会社うなぎの寝床 代表取締役 白水高広 氏
         株式会社リ・パブリック 共同代表 田村 大 氏
         東北芸術工科大学 デザイン工学部 建築・環境デザイン学科 教授 三浦秀一 氏
16:40~16:50 休憩
16:50~17:30 ブレイクアウトセッション「みんなで考える、持続可能な地域の未来」
        参加者がグループに分かれ、アイディアピッチの企画を
        全員でブラッシュアップしていきます
17:30~17:45 クロージング

18:00~20:00 ネットワーキング(希望者のみ*)
        場所: Nagatacho GRiD 1F 「tiny peace kitchen」
        会費: 3,000円
        *会場の都合上、希望者多数の場合は先着順といたします(定員30名)

【講師・メンタープロフィール】
・新井和宏(あらい・かずひろ)
株式会社eumo代表取締役。ソーシャルベンチャー活動支援者会議(SVC)会長。2008年11月、鎌倉投信株式会社を元同僚と創業。2010年3月より運用を開始した投資信託「結い2101」の運用責任者として活躍。2018年9月、株式会社eumo(ユーモ)を設立。

・田村大(たむら・ひろし)
株式会社リ・パブリック共同代表。2009年東京大学工学系研究科 堀井秀之教授とともにイノベーションリーダーを育成する学際教育プログラム・東京大学i.school(アイ・スクール) を発足。2013年4 月 i.schoolエグゼクティブ・フェローに就任。現在、九州大学・北陸先端科学技術大学院大学にて客員教授を兼任。 

・白水高広(しらみず・たかひろ)
株式会社うなぎの寝床代表取締役。2012年7月にアンテナショップうなぎの寝床を立ち上げる。地域に足りない要素や機能を考え実装する地域文化商社を目指し活動しており、お店の運営、メーカー的側面、企画、制作、他地域との交流・交易など幅広く活動。

・鈴木敦子(すずき・あつこ)
NPO法人ETIC. 理事・事務局長。97年のETIC.立ち上げ、事務局長に就任しインターンシップのコーディネート、若手起業家支援などの各種プログラムを実施。現在は年間約200名の起業家や若者の起業相談、キャリア相談を受け、コーディネートを担う。

・三浦秀一(みうら・しゅういち)
東北芸術工科大学 デザイン工学部 建築・環境デザイン学科 教授。住まいとまちの環境計画が専門。地球温暖化をはじめとする様々な環境問題から、人-すまい-まち-地球というつながりを見つめ直し、新しい住まいやまちの未来を提案している。

お申し込みはこちら

【主催】
環境省 大臣官房総合政策課 環境教育推進室
担当:田代、小倉、藤井
TEL:03(3581)3351

【事務局】
みずほ情報総研株式会社 環境エネルギー第1部
担当:小山田、森岡、佐々木、吉田
E-mail:sdgsleader@mizuho-ir.co.jp

キーワード