初秋の青森に行ってきた
2019.09.14 UP

初秋の青森に行ってきた

SASHIDE’S EYE

青森県さんからお声がけをいただき、きのう、きょうと初秋の青森に行ってきた。ありがとうございます!

下北の『むつドライブイン』の大湊海自カレーからはじまり、東通村森林組合のまるで北欧のような森と、きちんと整頓された加工場。夕方はむつ市でコミュニティガソリンスタンドの進捗についてお話をお聞きした。

大湊海自カレー

森

夜は青森市で老舗の居酒屋『いります』の2800円コースをいただく。生牡蠣をはじめ、ウニ、ホヤ、最高のローカルの海の幸!

海の幸

きょうは津軽の平川市の『マルジンサンアップル』で、りんご農家さんの現状をお聞きした。

りんご

その後、かねてから詣でたかった、岩木山神社へ。山がご神体で、清々しい空気。最後の写真は、岩木山神社の目の前の『なかの食堂』のラーメン。魚だしの効いた、津軽のラーメン。

岩木山神社

『なかの食堂』のラーメン

これから、青森県から発信される、未来をつくるおもしろいローカルプロジェクトが続々とはじまります。

キーワード

指出一正

さしで・かずまさ
月刊『ソトコト』編集長。1969年群馬県生まれ。島根県「しまコトアカデミー」、静岡県「『地域のお店』デザイン表彰」、奈良県「奥大和アカデミー」、奈良県下北山村「奈良・下北山 むらコトアカデミー」、福井県大野市「越前おおの みずコトアカデミー」、和歌山県田辺市「たなコトアカデミー」、高知県津野町「地域の編集学校 四万十川源流点校」など、地域のプロジェクトに多く携わる。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「わくわく地方生活実現会議」、「人材組織の育成・関係人口に関する検討会」委員。内閣官房「水循環の推進に関する有識者会議」委員。環境省「SDGs人材育成研修事業検討委員会」委員。著書に『ぼくらは地方で幸せを見つける』(ポプラ新書)。趣味はフライフィッシング。