点と点の接続力 | 39 | テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか
2019.03.20 UP

点と点の接続力 | 39 | テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか

DIVERSITY

 毎日、毎日、毎日、新しい技術やサービスが誕生している(背後では何かが消え去っている)。
 人工知能あたりは、関連するニュースがない日を探すほうが難しい。世に初めて現れた発明もあれば、新星のようなものもある。それまで暗かった星がたった数日で数万倍の明るさになり、新しく星が生まれたかのように見える。ところがだんだん暗くなって、元に戻る。急に集めた注目は、目新しさが乏しくなるにつれ、無数の星の中に埋もれていく。
 星の数ほどのニュースやソーシャルメディアの投稿に、条件反射のように目を奪われては、ひとつひとつの現象に一喜一憂する。ニュースや人の噂はもっともらしく聞こえても、実体のすべてではないし、へたしたらまるで違うことすらある。
 個々の技術、サービス、情報、現象。それらがひとつの点だとすれば、点の外には無数の点がある。全体があることに考えが及ばず、目についた点だけを単体で見ていると、たったひとつの点に、いとも簡単に振り回される。点の本当の姿をつかめず、全景を誤解しかねない。
 ビットコインが暴騰すると、核心はよくわからないまま投機対象として興味を持つ。暴落すれば、失望してむやみに叩いて終わる。ビットコインという点ひとつとってもぼやけたままだし、周辺の点にすら目がいかない。ほかのコインとの差異、暗号通貨の構造、ブロックチェーン技術、仮想通貨と電子マネーや貨幣の関係。資本主義の行く末、そもそもお金とは何か。点と点が結びついて集合、立体化する。立体から点をとらえた時に、点の本質が露わになる。ビットコイン単体をなぞるだけでは、真の正体はつかめないのだ。
 多くの技術が指数関数的に高度化し、産物も増加の一途をたどる。点の数が増えれば増えるほど、全景は複雑になる。この流れにおいて、特定の点の洞察力とともに、点と点を接続する力、つなげた点から全景を想像する力を磨く必要がある。
 点はいま、目の前にあるものだけではない。過去にも未来にも存在し、過去の点が、いまや未来の点とつながった時に、過去が確かにあったことも証明される。未来の点と、いまや過去の点を接続する力が加われば、ストーリーの可能性を拡張し、ひとつひとつの点の存在意義もより大きくなる。
 点と点の相関性、文脈を探り、ストーリーを描く。ストーリーが出来上がって、ようやく点が意味をなす。
 技術的特異点でさえ、ひとつの点だ。点と点の接続力、つなげた点でストーリーを描く想像力は、人間特有の力である。その力を駆使して、温かいストーリー、生き心地のよい世界を描いてみる。温かいストーリーの要素となることで、冷たい機械的な点にだって温かさが宿る。

text by Kazuya Ogawa

本記事は雑誌ソトコト2019年3月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

キーワード

小川和也

おがわ・かずや
アントレプレナー/フューチャリスト。慶應義塾大学卒業。アントレプレナーとして独創的なアイデアで新しい市場を切り開き、フューチャリストとしてテクノロジーに多角的な考察を重ねて未来のあり方を提言している。人間とテクノロジーの未来を説いた『デジタルは人間を奪うのか』(講談社現代新書)は高等学校「現代文」の教科書をはじめとした教材に多数採用され、テクノロジー教育を担う代表的論著となっている。北海道大学客員教授。J-WAVE「Futurism」(毎週日曜21時~)ナビゲーター。