世田谷区長|保坂展人さんの選書 1〜2
2021.05.27 UP

世田谷区長|保坂展人さんの選書 1〜2

SUSTAINABILITY

1. オープンダイアローグとは何か

フィンランドの西ラップランド地方にある病院で、1980年代から公的医療として提供されている「オープンダイアローグ」。シンプルで革新的な精神療法を、精神科医の斎藤環さんが紹介。精神医療の現場に可能性を示しました。

 

書籍情報

著者:斎藤 環著・訳
出版社:医学書院
発売日:2015/6/22

2. なんの変哲もない取り立てて魅力もない地方都市 それがポートランドだった─「みんなが住みたい町」をつくった市民の選択

川沿いの道路を撤去して公園をつくったり、デパートが計画した立体駐車場を署名運動で止め、地下駐車場と広場をつくるよう市民が逆提案したり。ポートランドの魅力あるまちづくりをユニークなエピソードを交えながら詳細にレポート。

 

書籍情報

著者:畢 滔滔
出版社:白桃書房
発売日:2017/4/14

▶ 選書評メインはこちら
▶ 選書評3~5はこちら

photographs by Yuichi Maruya text by Kentaro Matsui

記事は雑誌ソトコト2021年5月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

キーワード

保坂展人

ほさか・のぶと●宮城県仙台市生まれ。1996年から2009年まで衆議院議員を3期11年務める。11年4月より世田谷区長(現在3期目)。「参加と協働」を合言葉に住民参加のまちづくりを進め、子どもや若者支援に精力的に取り組む。