世田谷区長|保坂展人さんの選書 3〜5
2021.05.27 UP

世田谷区長|保坂展人さんの選書 3〜5

SUSTAINABILITY

3. 魯迅文集

作家・魯迅の真骨頂は、中国で「雑感文」と呼ばれるエッセイにあると思います。ロジカルな言葉ではなく身体化された言葉、自分の体を通して発語される言葉を得ようと、ジャーナリストになる前、学生時代に喫茶店で読み耽っていた文集です。

書籍情報

著者:魯迅
出版社:筑摩書房
発売日:1991/3/26

4. バーニー・サンダース自伝

2016年の米大統領選の民主党予備選で、ヒラリー・クリントンと接戦を繰り広げた様子が興味深く描かれています。アメリカでは、サンダースを支持する若手議員が多く現れましたが、日本ではそういう現象がなぜ起こらないのかを考える一冊にも。

書籍情報

著者:バーニー・サンダース著、萩原伸次郎訳
出版社:大月書店
発売日:2017/3/23

5. 上を向いて歩こう

『上を向いて歩こう』が全米チャート1位を獲得できたのは、あるラジオ局で流されたことが起点にあると気づいた著者の佐藤剛さんは取材を進め、大ヒットの本当の理由を解明します。この曲が持つ人の心を捉える力は、まちづくりにも通じるもの。

書籍情報

著者:佐藤 剛
出版社:岩波書店
発売日:2011/7/14

▶ 選書評メインはこちら
▶ 選書評1~2はこちら

photographs by Yuichi Maruya text by Kentaro Matsui

記事は雑誌ソトコト2021年5月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

キーワード

保坂展人

ほさか・のぶと●宮城県仙台市生まれ。1996年から2009年まで衆議院議員を3期11年務める。11年4月より世田谷区長(現在3期目)。「参加と協働」を合言葉に住民参加のまちづくりを進め、子どもや若者支援に精力的に取り組む。