大阪ゲスト緑家ハウス
2019.11.11 UP

「古民家」で世界を旅する。大阪府大阪市 ーSUSTAINABLE DESIGN

LOCAL

 大阪市城東区の下町風情が今なお色濃く残るエリアに『大阪ゲストハウス緑家』はある。戦前に建てられた古民家の中庭や土間もあるつくりと、旅好きオーナー夫妻の気取らないもてなしで人気の宿だ。

 その日ラウンジにいたのはオーナーのヨシこと鈴木善博さんに加えて、イスラエルの2人組とアメリカから来たジョン。偶然ここに居合わせ、テーブルを囲んだ。

 い英語で自分のことや目指している“穏やかな暮らし”について話す。「その考えに賛成するよ」と言ったジョンは地元で映像会社と契約するフリーランサー。一日16時間働き詰めだったから、魂を取り戻すため4か月の休暇を取ってアジアを巡る旅に出ているそうだ。「帰国後はハードワークに戻る予定だけど、実際戻れるかどうかは不明」と笑った。

 地元に居ながら世界を旅しているような不思議な感覚になる。こんな一期一会の出会いがあるから、ゲストハウス通いはやめられない。

記事は雑誌ソトコト2019年12月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

photograph & text by Yuko Nishimura

キーワード

西村祐子

にしむら・ゆうこ
『ゲストハウスプレス』編集長、ライター。旅好きが高じて、全国のゲストハウスと人の紹介メディアを運営。ハワイ島、湘南生活を経て、現在は故郷・大阪を拠点に活動中。