家入一真さんと指出一正さん
2019.12.05 UP

共犯者の関係を作っていくことがすごく大事だなと思います。

SASHIDE’S EYE

2019年8月30日(金)、第1回定例会として「\特別対談/CAMPFIRE代表 家入一真 × ソトコト編集長 指出一正」が開催されました。本パートでは会場にいらっしゃる方からの質問に答えました。

ファシリテーター 続いて会場から質問を受け付けます

【質問】家入さん、指出さん自身がクラウドファンディングで自分で作ってみたいやってみたいプロジェクトはありますでしょうか?

指出 僕、じゃあ先に言いましょうか。僕はよく言ってるんですけど、例えば琵琶湖の湖畔とか滋賀県の長浜とで、子供向けの釣具店を作りたいんですよね。元々釣り雑誌の編集者だったので。お父さんが子供に魚釣りを教えるっていうのは、けっこう今なかなか出来ていない状態で、パパ友とかから、指出さんちょっと釣り教えて下さいよみたいな事を言われたりするんですけど、なかなか行けないんで。ただ、そうやってお店やさん、地域の個店というのを大事にしたいなと思っているので、そこで、プロフェッショナルに向けた釣具店とかいっぱいあるんですけど、子供に向けた釣具屋さんみたいなのは昔はあったんだけど今は無いので、はたして機能するかどうかはわからないですけど、そういうのやりたいなとは思います。

家入 僕も子供向けの活動で今ちょっと考えてることがあって、学校でもない、塾みたいな立て付けになるのかな、実際に近々少しずつ稼働させていこうかなと思っているんですけど、小学生低学年くらいを対象とした塾、寺子屋的なものなのですけど、それはクラウドファンディングも始めるかな。

指出 いいですね。

家入 一坪くらいのbarとかもやりたいとか、そういうのもカジュアルに立ち上げてみてもいいかなとかもよく考えたりはするんですけど、なかなかそこはちょっと出来てはいないんだけど。

指出 あともう一個、僕は川を買いたいです、川。元々僕の世代は多摩川のブクブクした怖いおどろおどろしい映画とか見せられて。

環境大事にしろみたいに言われた世代なので、環境や公害に対してものすごい怖さみたいなのを感じて生まれ育って成り立っているから、イギリスのナショナル・トラストみたいな着想に近いんですけど、クラウドファンディングでそうやって森とか川とかを買って、それをみんなで開放したりするようなことがやれるといいんじゃないかなと。一回、北海道の湖が2億円で出てて、買おうかなと思ったんですけど、お金が無いんですよね(笑)。そういうのも寡占と言うか専有したいわけじゃなくて、そこに何か人が個人で本来だったら共有なものを所有した先にあるパブリック性みたいなものを考えたいんですよね。

こちらの記事はオンラインサロン会員限定です!!!

オンラインサロンでは毎月、ソトコトと関係の深い著名人・ローカルヒーローをお招きして対談を行っています。
過去の対談動画もアーカイブから視聴可能です。

地域の編集ラボ会員ができること(2019年12月月時点)、こんな人にオススメ!

  • ソトコト編集長 指出一正と交流したい
  • 自宅でも地方創生や関係人口、SDGsについての「著名人」「ローカルヒーロー」の講演を聞きたい
  • ローカルで地元を盛り上げる活動をしている方と交流したい
  • ローカルでの盛り上げ方を勉強したい
  • クラウドファンディングをチャレンジした方の成功/失敗談が知りたい
  • クラウドファンディングにチャレンジする際のサポーターを作りたい
  • 地方への移住を考えたい
  • ソトコトオンラインで、公私の活動やコラムを執筆してみたい
  • ワクワクする取り組みに参加したい

リターン

<オンライン> 
・Facebook非公開グループでの交流
・交流会を中継し遠隔参加可能
・メンバー限定生放送(アーカイブもご覧いただけます)

<オフライン> 
・毎月1回開催される定例会への参加権利
・地域の編集ラボ運営チームへの参加権利
・毎月ソトコト最新号をお届け!

オンラインサロンをチェック!

キーワード

家入 一真

いえいり・かずま
2003年 「ロリポップ」「minne」など個人向けサービスを運営する株式会社paperboy&co.(現GMOペパボ)を福岡で創業、2008年JASDAQ市場最年少で上場。退任後、2011年株式会社CAMPFIREを創業、代表取締役に就任。他にもBASE株式会社の共同創業取締役、エンジェル投資家として60社を超えるスタートアップへの投資・支援、現代の駆け込み寺シェアハウス「リバ邸」の世界展開なども。 2018年、シード向けベンチャーキャピタル「NOW」を設立。第一号として、最大50億円規模のファンドを組成。生きづらさを抱える人の居場所づくりや、「やさしい革命」を合言葉に、テクノロジーによる社会のアップデートを人生のテーマに活動しています。

指出一正

さしで・かずまさ
月刊『ソトコト』編集長。1969年群馬県生まれ。島根県「しまコトアカデミー」、静岡県「『地域のお店』デザイン表彰」、奈良県「奥大和アカデミー」、奈良県下北山村「奈良・下北山 むらコトアカデミー」、福井県大野市「越前おおの みずコトアカデミー」、和歌山県田辺市「たなコトアカデミー」、高知県津野町「地域の編集学校 四万十川源流点校」など、地域のプロジェクトに多く携わる。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「わくわく地方生活実現会議」、「人材組織の育成・関係人口に関する検討会」委員。内閣官房「水循環の推進に関する有識者会議」委員。環境省「SDGs人材育成研修事業検討委員会」委員。著書に『ぼくらは地方で幸せを見つける』(ポプラ新書)。趣味はフライフィッシング。