3/18(水)micro FOOD&IDEA MARKET@有楽町で開催!SDGsローカルツアー
2020.02.07 UP

3/18(水)micro FOOD&IDEA MARKET@有楽町で開催!SDGsローカルツアー

SUSTAINABILITY PR

「SDGsローカルツアー」って?

全国のローカルでの取り組みに精通しているソーシャル&エコ・マガジン『ソトコト』と環境省がタッグを組んで、SDGsやソーシャルな取り組み、地域の未来をカジュアルに楽しく取り上げます。 SDGsってよくわからないけれど、新しい価値観に触れてみたいという方におすすめ。全国各地の”独自のストーリーを持つ”場所で、『ソトコト』編集長・指出一正がお話します!

SDGs

開催地の『micro FOOD&IDEA MARKET』ってどんなところ?

有楽町駅から徒歩1分の場所にある『micro FOOD&IDEA MARKET』は、2019年12月にオープンしたばかりの「好奇心が交差する市場」がコンセプトの空間。作り手の好奇心と受け手の好奇心が交わり、新たな価値が生まれる場所です。
カフェの食事は丸の内のビジネスパーソンに大人気! 当日ももちろんお召し上がりいただけます。

1

2

3

本イベントでは、「1階づくりは、まちづくり」を提唱する『グランドレベル』代表の田中元子さんを筆頭に、国土交通省にて関係人口の調査を行なった田中康嗣さん、今回の「SDGsローカルツアー」主催者でもある環境省の田代久美さんをお迎えし、これまでのツアーで全国各地を巡ってきた『ソトコト』編集長の指出一正ファシリテートのもと、トークセッションを行います。

1

近くにお住いの方も、遠くの方も大歓迎。『micro FOOD&IDEA MARKET』で、これからの未来を一緒に考えましょう!

 

【登壇者プロフィール】
・田中元子
1975年、茨城県生まれ。独学で建築を学び、2004年、大西正紀と共に、クリエイティブ・ユニットmosakiを共同設立。2015年よりプロジェクト『パーソナル屋台が世界を変える』を開始。2016年「1階づくりはまちづくり」をモットーに「人・まち・日常」をアクティブにする株式会社グランドレベルを設立。2018年市民の能動性を最大限に高める1階づくりとして「喫茶ランドリー」をオープンし、グッドデザイン特別賞グッドフォーカス[地域社会デザイン]賞、リノベーションオブザイヤー無差別級部門最優秀賞を受賞。

・田中康嗣
国土交通省 国土政策局総合計画課課長補佐。関係人口の実態把握(定量化)を担当。平成13年4月農林水産省入省。農林水産省本省(霞が関)の勤務を挟みつつ、4度の地方勤務(北海道、宮崎、新潟、つくば)、内閣府への出向を経て現職に至る。

・田代久美
環境省 総合政策課環境教育推進室室長補佐。ローカルSDGsとしての「地域循環共生圏」の人材育成を担当。令和元年度は「持続可能な地域の未来づくりに向けたSDGsリーダ研修」「SDGsローカルツアー」を実施。カードゲーム「2030SDGs」「SDGs de地方創生」公認ファシリテーター。
 

当日の流れとお申し込み

当日は、以下のスケジュールにて予定しております。
 18:40 受付開始
 19:00 トークセッション開始
 20:30 質疑応答
 20:55 アンケート記入・記念撮影
 21:00 交流会(22:00終了)

トークは無料、飲食はキャッシュオンにてお願いいたします(トーク中の飲食も可)。
お申し込みはこちらから!

 

※お申し込みフォームが表示されない際はこちらのお申し込みフォームからお申し込み下さい。 

micro FOOD&IDEA MARKETはこちら!

お問い合わせはこちらの問い合わせフォームよりお願いします。

photographs by Yusuke Abe

キーワード

指出一正

さしで・かずまさ
月刊『ソトコト』編集長。1969年群馬県生まれ。島根県「しまコトアカデミー」、静岡県「『地域のお店』デザイン表彰」、奈良県「奥大和アカデミー」、奈良県下北山村「奈良・下北山 むらコトアカデミー」、福井県大野市「越前おおの みずコトアカデミー」、和歌山県田辺市「たなコトアカデミー」、高知県津野町「地域の編集学校 四万十川源流点校」など、地域のプロジェクトに多く携わる。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「わくわく地方生活実現会議」、「人材組織の育成・関係人口に関する検討会」委員。内閣官房「水循環の推進に関する有識者会議」委員。環境省「SDGs人材育成研修事業検討委員会」委員。著書に『ぼくらは地方で幸せを見つける』(ポプラ新書)。趣味はフライフィッシング。