アリマキ的人生
2020.01.07 UP

連載 | 福岡伸一の生命浮遊 | 94 アリマキ的人生

DIVERSITY

 アリマキという小さな生物がいる。紡錘形のゴマ粒ほどの大きさで、虫メガネでよく見ると細い脚が6本ついている。つまりアリマキは昆虫の一種。アブラムシとも呼ばれるが、もちろんゴキブリとは違う。前回、書いたようにアリマキは季節がよいあいだは単為生殖で増殖する。つまりメスの個体が、オスの力を借りることなく、どんどん子どもを産むのだ。子どもはすべてメス。自分のコピーを自分の体内でつくり出す。つまりクローンが次々と生まれてくる。母の身体の中にいる娘の、その身体の中にすでに次世代の娘(母から見ると孫)がすでに育っている。こうしてアリマキは爆発的に増殖する。植物の茎などに無数のアリマキが貼りついて汁を吸って生きているのを見かけることがあるが、この群れはだいたいにおいてクローン集団といってよい。同じ形態だが、大小さまざまな個体がいる。これは世代の違いである。

 メスがメスを生み出すクローン生産のシステムは、季節のよいときは非常に効率がよい。どんどん増殖が可能だ。しかしひとつだけ欠点がある。遺伝子の構成がいつも同じなので、バリエーションが生み出せないこと。つまり変化をつくり出すことができない。縦糸だけの繊維は弱い。環境はどのように移り変わるかわからないので、生物にとっては増えることだけでなく、常に、多様性を生み出し続けておかねばならない。つまり横糸が必要となる。

 アリマキはそのための知恵をちゃんと持っている。夏が終わり、秋風が吹き、気温が下がって冬の予感がする頃、メスは娘でなく、オスをつくり出すのだ。つまり息子を産む。生殖細胞の内部で遺伝子の配分を変え、クローンとしてのメスではなく、遺伝子を半分しか持たない、オスの個体を生産する。息子=オスの役割はただひとつ。遺伝子の運び屋だ。お母さんの遺伝子を別のメスのところに運ぶ。そして遺伝子が混ぜ合わされ、シャッフリングされる。これによって新しい変化、新しい可能性が生み出される。これはすべてのオスの本質的な宿命といってよい。オスは遺伝子の使い走りとして、メスがつくり出したものである。それ以上のものでも、それ以下のものでもない。生物の基本形はあくまでメスであり、オスはツールにすぎない。生物の歴史においては、アダムがイブをつくったのではなく、イブがアダムをつくったのだ。

 成長したアリマキのオスにはメスにはない特徴がある。やせ細っている。そしてがあるのだ。軽い身体で遠くに飛んでいくためだ。かくしてオスは精子を別のメスに与える。オスの精子に入っているのは母の遺伝子であり、それが別のメスに手渡されるのである。この時点でオスの役割は終わる。母の遺伝子の特性は別のメスの遺伝子の特性と混合され、異なる特性を持ったメスのバリエーションが用意されるのだ。巧みなことに、次の春、生まれてくる新しいアリマキの個体はまたすべてメスとなる。たとえこの冬がいつにも増して厳しいものになろうとも、来春、新しい特性を持ったメスたちの誰かが生き残って、また新しい子どもたちの生産に励むことになる。

 つまりメスからメスへの系譜は、太くて強い縦糸、生命の基本線をつくる。オスはこの太くて強い縦糸のあいだをときどき橋渡しする、細い横糸の役割を果たしているに過ぎない。だから生物界においては普通、メスの数が圧倒的に多く、オスはほんの少しいればよい。アリマキのように必要なときだけつくられることもある。本来、すべての生物はまずメスとして発生する。何事もなければ、メスはメスの王道をまっすぐに進み、立派なメスとなる。

 このプロセスの中にあって、使い走りのくじを引いた不幸なものたちだけは、王道から逸れて困難な隘路へと導かれる。それがオスなのである。

記事は雑誌ソトコト2018年6月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

文・福岡伸一
collage by Koji Takeshima

キーワード

福岡伸一

ふくおか・しんいち
生物学者。1959年東京生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学医学部博士研究員、京都大学助教授などを経て、青山学院大学教授。2013年4月よりロックフェラー大学客員教授としてNYに赴任。サントリー学芸賞を受賞し、ベストセラーとなった『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)、『動的平衡』(木楽舎)ほか、「生命とは何か」をわかりやすく解説した著書多数。ほかに『できそこないの男たち』(光文社新書)、『生命と食』(岩波ブックレット)、『フェルメール 光の王国』(木楽舎)、『せいめいのはなし』(新潮社)、『ルリボシカミキリの青 福岡ハカセができるまで』(文藝春秋)、『福岡ハカセの本棚』(メディアファクトリー)、『生命の逆襲』(朝日新聞出版)など。