福岡ハカセ×絵本作家 舘野鴻さん スペシャル対談のお知らせ
2019.04.04 UP

福岡ハカセ×絵本作家 舘野鴻さん スペシャル対談のお知らせ

NEWS

生物学者の福岡伸一による、読書の魅力を再発見する取り組み「知恵の学校」。今回は「昆虫仲間」の絵本作家・舘野鴻(たての・ひろし)さんをゲストに超ディープな生き物談義を開催。表現者であり、そして自然に対して一流の観察者である二人が一冊の本を入り口に、生命を語りつくします。

福岡伸一ハカセと一緒に「読書の魅力を再発見する」授業

月刊『ソトコト』の人気コラム、「生命浮遊」を連載中の福岡伸一ハカセと一緒に「読書の魅力を再発見する」授業、それが「福岡伸一の知恵の学校」。一冊の本に込められた「書いたきっかけ」「表現したかったこと」「影響を受けた話」――背景を知れば、読書はもっと面白くなる。人気の「対談講義」では、福岡ハカセが「校長」として、さまざまな分野の第一線で活躍する人々を招き、ゲストの口からこれまでの読書体験や、作品ができるまでの時間軸を紐解いていきます。

今回の特別ゲストは絵本作家の舘野鴻さん。まるでファーブル先生、と福岡ハカセも驚く根気強く、綿密な生態調査を行う舘野さんが描く精密画は、生き物への愛情に溢れています。
そんな舘野さんの代表作のひとつ、『つちはんみょう』を入り口に、昆虫、自然、そして生命の魅力をたっぷり語ります。少年時代の二人が憧れた図鑑、二人の思う「美しさ」、「ナチュラリスト」の道へ二人を進ませたもの、ガラパゴス諸島と小笠原諸島の意外な共通点、そして勿論昆虫の素晴らしさなどなど、盛りだくさんの90分をお楽しみに!

【日時】
2019年4月20日(土) 14:00~15:30(開場13:30)

【講師】
生物学者 福岡伸一 
絵本作家 舘野鴻(特別講師)

【参加費】
5,400円(税込)
※ご希望があれば領収書を発行いたします。

【会場】
〒104-0044 東京都中央区明石町11-15 ミキジ明石町ビル3F


お申込みはこちら

キーワード

福岡伸一

ふくおか・しんいち
生物学者。1959年東京生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学医学部博士研究員、京都大学助教授などを経て、青山学院大学教授。2013年4月よりロックフェラー大学客員教授としてNYに赴任。サントリー学芸賞を受賞し、ベストセラーとなった『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)、『動的平衡』(木楽舎)ほか、「生命とは何か」をわかりやすく解説した著書多数。ほかに『できそこないの男たち』(光文社新書)、『生命と食』(岩波ブックレット)、『フェルメール 光の王国』(木楽舎)、『せいめいのはなし』(新潮社)、『ルリボシカミキリの青 福岡ハカセができるまで』(文藝春秋)、『福岡ハカセの本棚』(メディアファクトリー)、『生命の逆襲』(朝日新聞出版)など。