街とアートのマルチプレイ
2020.01.25 UP

街とアートのマルチプレイや酒田着物プロジェクトなど。ローカルプロジェクト・カタログ in 山形県

LOCAL

街とアートのマルチプレイ

アートとデザインで、地域を盛り上げる。

 2019年に始まった「街とアートのマルチプレイ」は、山形市内にキャンパスを構える東北芸術工科大学が主催し、アートとデザインの力で街や地域を元気にできるプレイヤーの育成を目的として運営されている。参加者は一流クリエイターとの協働を通して作品を制作し、隅数年に開催する山形ビエンナーレで発表を行う。

街とアートのマルチプレイ

事務局の伊藤迪子さんに聞きました!

Q.どんなスタッフ・メンバーを募集していますか?

事務局の伊藤迪子さんに聞きました!

 経験の有無に限らず、アートやデザインに興味がある方、地域の魅力を再発見したい方、街の風景をポジティブに変えて行きたい方など、広く募集します。次回は今春に募集開始の見込みです。

❶活動団体名
 街とアートのマルチプレイ
❷プロジェクト・スタート年
 2019年
❸ウェブサイトなど
 www.facebook.com/town.plus.art.multiplay
❹スタッフ・メンバーの中心年齢層は?
 20歳代〜40歳代
❺スタッフ・メンバーの募集
 有

酒田着物プロジェクト

着物を集めて売って、復興の力に変える。

 山形県酒田市で、箪笥に眠っている着物を集め、販売することで得たお金を宮城県・南三陸町の復興支援金に充てるプロジェクト。代表の佐藤幸美さんが、南三陸町の「福興市」で同様のプロジェクトを目にしたことがきっかけで2016年に始まった。年2回開催されるイベントは着物の活用と復興支援を両立できるため、市民に人気だ。

酒田着物プロジェクト

代表の佐藤幸美さんに聞きました!

Q.プロジェクトにはどんな方が参加していますか?

代表の佐藤幸美さんに聞きました!

 やはり南三陸に思い入れのあるメンバーが多いですね。私たちは大きなことはできないかもしれませんが、細く長く活動を続けることで、南三陸の復興に貢献し続けたいと考えています。

❶活動団体名
 酒田着物プロジェクト
❷プロジェクト・スタート年
 2016年
❸ウェブサイトなど
 www.facebook.com/酒田着物プロジェクト-1725959304315023
❹スタッフ・メンバーの中心年齢層は?
 40歳代〜50歳代
❺スタッフ・メンバーの募集
 有

記事は雑誌ソトコト2020年2月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

photograph by Kohei Shikama