京都産原料100%ビールプロジェクト
2020.02.01 UP

京都産原料100%ビールプロジェクトや美山自転車の聖地プロジェクトなど。 in 京都府

LOCAL

京都産原料100%ビールプロジェクト

「畑からグラスまで」の、京都での達成を目指すビール。

 京都府で唯一ビール大麦を生産する亀岡市で始まったプロジェクト。麦やホップ、酵母などビール原料の京都での地産化を推進し、農業、原料加工業の振興と創出を図る。ブルワリー、麦やホップ農家、大学の研究室、自治体、JA、企業などが関わる。篠田吉史さんは応用微生物学の研究者で、地域資源を活かしたいと提唱した。

京都産原料100%ビールプロジェクト

提唱者の篠田吉史さんに聞きました!

Q.プロジェクトにはどんな参加方法がありますか?

提唱者の篠田吉史さんに聞きました!

 京都100パーセントなので京都に移住してもらわなければいけませんが(笑)、麦・ホップ農家の方の参加を望んでいます。飲食店や一般の飲み手の方々のアイディアやフィードバックもいただきたいです。

❶活動団体名
 京都産原料100%ビールプロジェクト
❷プロジェクト・スタート年
 2013年
❸ウェブサイトなど
 www.facebook.com/kyoto100brew
❹スタッフ・メンバーの中心年齢層は?
 20歳代〜50歳代
❺スタッフ・メンバーの募集
 有

美山自転車の聖地プロジェクト

サイクルだからこそ伝わる、豊かな自然と地域文化。

 茅葺き屋根の古民家が多く残る京都府南丹市美山町を自転車の聖地にしたいと、2010年より活動。自転車を活用したまちづくり、地域振興のため、住民と一体となって「京都美山サイクルグリーンツアー」などを行う。ブラッキー中島隆章さんは全国子ども向け自転車教室『ウィラースクールジャパン』の代表も務める。

美山自転車の聖地プロジェクト

代表のブラッキー中島隆章さんに聞きました!

Q.プロジェクトにはどんな方が参加していますか?

代表のブラッキー中島隆章さんに聞きました!

 「京都美山サイクルグリーンツアー」には、出場者兼ボランティアで参加する方もいます。豊かな自然や地元住民との温かい交流のある美山を心のふるさととして考えてくれる方は多いです。

❶活動団体名
 美山自転車の聖地プロジェクト
❷プロジェクト・スタート年
 2010年
❸ウェブサイトなど
 www.cyclingmiyama.com/greentour
❹スタッフ・メンバーの中心年齢層は?
 50歳代
❺スタッフ・メンバーの募集
 有

記事は雑誌ソトコト2020年2月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。