兵庫運河・真珠貝プロジェクト
2020.02.03 UP

兵庫運河・真珠貝プロジェクトやKOBE LOCAL BEER PROJECTなど。 in 兵庫県

LOCAL

兵庫運河・真珠貝プロジェクト

真珠貝の育成を通して環境を考える。

 神戸市兵庫区にある日本最大級の兵庫運河にて、親子であこや貝を育成することを通じ、生物の命の大切さと環境が及ぼす影響を体感するプロジェクト。ごみ拾いなど水環境の改善に取り組み、育てた貝から取り出した真珠でアクセサリー作りまでを行う。

 発足は2007年で、現在は神戸市内の小学生とその保護者を中心に毎年約200名の会員が集まっている。1年間の活動後はスタッフとして参加することができ、成長した高校生や大学生が携わることも。会長の道林幸次さんは「水質浄化作用のあるあこや貝をシンボルに環境を考えるきっかけになれば」と語る。

兵庫運河・真珠貝プロジェクト

会長の道林幸次さんに聞きました!

Q.プロジェクトにはどんな参加方法がありますか?

会長の道林幸次さんに聞きました!

 毎年4月頃に年間会員の募集を行います。公式サイトをチェックしてください。参加2年目以降の方はスタッフとしてのご案内となります。スタッフも1年ごとに入れ替わるため、皆さんクラブ活動のように楽しまれています。

❶活動団体名
 兵庫運河・真珠貝プロジェクト
❷プロジェクト・スタート年
 2007年
❸ウェブサイトなど
 https://sea.ap.teacup.com/hyougounga
❹スタッフ・メンバーの中心年齢層は?
 10歳代〜50歳代
❺スタッフ・メンバーの募集
 有

KOBE LOCAL BEER PROJECT

地物で造る究極の神戸ビールを皆で味わおう。

 神戸市の水でクラフトビールを醸造するブリュワリーが「神戸の麦芽・ホップ・水で醸造する究極の地ビールを造りたい」というロマンを追い、米農家とタッグを組んだ。大麦は排水のよい田の裏作、また廃棄していた酵母などのカスは田畑の栄養として使う。近隣農家との輪も広げ、ビール造りから生まれる人・物・経済の循環を目指している。

KOBE LOCAL BEER PROJECT

広報の中村美夏さんに聞きました!

Q.プロジェクトにはどんな参加方法がありますか?

広報の中村美夏さんに聞きました!

 畑作業や麦踏みなどのイベントを順次開催していきます。クラウドファンディングページや公式サイトをご参照ください。 ビールを通して生産者をつなぐフィールドをつくっていきたいです。

❶活動団体名
 IN THA DOOR BREWING
❷プロジェクト・スタート年
 2018年
❸ウェブサイトなど
 https://motion-gallery.net/projects/KOBELOCALBEERPROJECT
❹スタッフ・メンバーの中心年齢層は?
 30歳代〜40歳代
❺スタッフ・メンバーの募集
 有

記事は雑誌ソトコト2020年2月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。