ソトコトオンライン編集部

ソトコトオンライン編集部

フォロー

0 人にフォローされています

物々交換

物々交換

日本最初の流通貨幣とされる「和同開珎」以降、発行された「万年通宝」「神功開宝」「隆平永宝」「富寿神宝」「承和昌宝」「長年大宝」「饒益神宝」「貞観永宝」「寛平大宝」「延喜通宝」「乾元大宝」といった貨幣を併せて「皇朝十二銭」と呼びます。これらの貨幣は発行の度に銅の含有量が減って鉛の含有量が増え、粗悪なものとなり、また新しい貨幣が古い貨幣より10倍の価値があるものとされるなどしたため、元の貨幣の価値が著しく低下し、貨幣自体に対する信頼が失われていったことを、前回述べました。
ちいさなまほう

ちいさなまほう

ひゃあああ、ひゃあああ。朝から甲高い雄叫びが響いている。息子が箒にまたがって、魔女の修行に励んでいるようだ。1歳8か月、ひとり遊びする時間が増えて、どこどこどっこー、だーだーだー、大きな声を出しながらいろんなことに夢中になっている。なにをそんなに大きな声で盛り上がっているのだろう。よしっ、僕たち夫婦も真似してみよう。ひゃあああ、きゃあああ、一緒になって歓声をあげてみたら、目をおおきく輝かせて、きゃっきゃ笑いながら足を踏み踏み踊りだした。両手広げてくるくる回って、何でもなかったその場が明るい魔法で満たされた。「ああそうか。この子は自分で自分を楽しくさせていたのね。大きな声を出すと楽しくなるね」と妻が感心した。
無意識の細部と、樹海|大和田 良×山梨県南都留郡鳴沢村

無意識の細部と、樹海|大和田 良×山梨県南都留郡鳴沢村

学生時代、友人たちと連れ立ってキャンプをしに、富士五湖のひとつである西湖へ向かった。目的地へ向かう前に周辺を巡ろうと足を運んだのが、富士の五合目や溶岩洞「鳴沢氷穴」だった。山梨県側から見る富士も雄大だったが、それ以上に自分の視覚に鮮やかに映し出されたのが、麓に広がる青木ヶ原樹海だった。それまで見てきた森とは異なる、深い緑と、ゴツゴツとした溶岩台地から放たれる濃密な生命力のようなものが、当時の私の意識に強烈に作用したのだと思う。それからというもの、年に何度も樹海とその周辺を訪れ、写真を撮るようになった。ふと思い立って一人で行くことが多かったが、家族ができてからは妻や子ども、あるいは飼い犬を連れて行くようにもなった。
立ち止まり、思いやる。 朝倉圭一

立ち止まり、思いやる。 朝倉圭一

今日は、午後から涼しかったので、裏山の小道の草刈りをした。道の先には友人の別荘がある。頼まれたわけではないが、前任者のお爺さんが亡くなって以来、草を刈り、雪を避けて道の維持をするのは、僕の役割になった。
「ファンケル 神奈川SDGs講座」 横浜市立みなと総合高校編、レポート。

「ファンケル 神奈川SDGs講座」 横浜市立みなと総合高校編、レポート。

一人ひとりにできることはなにか? 「ファンケル 神奈川SDGs講座」で、SDGs(持続可能な開発目標)について横浜の高校生と考えました!
「NOZOMI PAPER®」が伝える つくり手の魅力、過程の価値。

「NOZOMI PAPER®」が伝える つくり手の魅力、過程の価値。

2011年3月11日に東日本大震災があった東北の“いま”を伝えるコーナーです。東北で生まれているソーシャルグッドな プロジェクトや地域で活動する人々を紹介します。
写真で露わとなったマイクロプラスチック。

写真で露わとなったマイクロプラスチック。

青や赤、黄、緑など、色とりどりの小さな塊。まるで鉱石のような透明感のある美しい物体に見とれてしまう本作は、岡田将の初写真集『THE MICROPLASTIC BOOK』。その名のとおり、マイクロプラスチックを撮影した作品だ。
ひとりの語り、夫婦の会話。

ひとりの語り、夫婦の会話。

ハイウェイを走る車以外、視界に人工物が入らない――そんな乾いた大地にぽつねんと立つ白い小屋に向かって、誰かが歩いている。性別も、年格好も判別できないロングショットから一転、屋内に移ったカメラがクローズアップする堂々たる体躯の老女が、映画の主人公・マリカだ。
「関係人口講座」の、その後。田辺に帰ってきました。

「関係人口講座」の、その後。田辺に帰ってきました。

和歌山県田辺市の関係人口講座「たなコトアカデミー」の修了生が、今年の6月に再び田辺を訪れました。この時季にしか経験できないことを通じて、講座でつながった地元の人々と関係人口との信頼関係はより深まったようです。その様子をレポートします。
産地のみなさんと一緒に 「おいしい!」を育む、 『生活クラブ』。in 山形県 庄内地域

産地のみなさんと一緒に 「おいしい!」を育む、 『生活クラブ』。in 山形県 庄内地域

生活協同組合(生協)のひとつである『生活クラブ』が扱う米や野菜、肉などの食材は、50年以上の歴史の中で生産者と組合員(消費者)が一緒につくってきたものです。長年提携し、共に開発してきた山形県・庄内地域の生産者を訪ねました。
あなたと大分を結わえるワークショップ「ゆわえば大分」に参加しませんか!

あなたと大分を結わえるワークショップ「ゆわえば大分」に参加しませんか!

「おんせん県」の大分県で人とつながり、未来を考えてみませんか?「結わえるメンター」たちがあなたと大分各地をホッコリ、あたたかくつなぎます。
大阪公立大学現代システム科学域准教授 黒田桂菜× 広報宣伝統括部長『サラヤ』廣岡竜也 対談「環境にやさしい」が価値に。社会が変わった10年。

大阪公立大学現代システム科学域准教授 黒田桂菜× 広報宣伝統括部長『サラヤ』廣岡竜也 対談「環境にやさしい」が価値に。社会が変わった10年。

手肌にやさしく環境負荷に配慮した商品を手がける『サラヤ』の廣岡竜也さんと、大阪公立大学現代システム科学域准教授・黒田桂菜さんが、消費者の行動や意識の変容について意見を交わしました。
福島県・葛尾(かつらお)村で暮らす。

福島県・葛尾(かつらお)村で暮らす。

葛尾村は福島県双葉郡北部に位置し、日山(ひやま)を筆頭に多くの山々に囲まれている。自然豊かなこの村に暮らす人は、現在1327人(2022年7月1日現在)。今回は、村で暮らすことを選んだ二人の女性を紹介しよう。
  • 1/14