フェムテックtv 編集部

フェムテックtv 編集部

フォロー

0 人にフォローされています

管理栄養士が選ぶ! PMS時期のコンビニおやつメニュー

管理栄養士が選ぶ! PMS時期のコンビニおやつメニュー

PMSの対策には食生活も大切だとよく耳にしますが、忙しいと自炊は難しいときもあるし手軽に済ませたいのが本音。ましてや、食欲も増してしまうこの時期はコンビニに通う回数も増えてしまうという人も多いのでは……? そんな人に朗報です。実はコンビニでもPMSのケアに効果が期待できるおやつが手に入るんです。管理栄養士の佐藤志歩さんにおすすめの商品を教えてもらいました。
【後編】女性の健康課題とキャリアをどう結び付けるか|株式会社陽と人代表・小林味愛さん

【後編】女性の健康課題とキャリアをどう結び付けるか|株式会社陽と人代表・小林味愛さん

地方で働く女性、都心で働く女性、子育てをしながら働く女性、さまざまなライフスタイルを送る女性たちを取り上げ、女性の健康課題や社会課題について考える対談コンテンツです。
【前編】社会の動きと女性のマインド、両軸の変化が必要|株式会社陽と人代表・小林味愛さん

【前編】社会の動きと女性のマインド、両軸の変化が必要|株式会社陽と人代表・小林味愛さん

地方で働く女性、都心で働く女性、子育てをしながら働く女性、さまざまなライフスタイルを送る女性たちを取り上げ、女性の健康課題や社会課題について考える対談コンテンツです。
フェムテックの動きが活発化!社内の声から誕生したサービス&アイテム

フェムテックの動きが活発化!社内の声から誕生したサービス&アイテム

ユニクロやGU、3COINSといった身近なメーカーからも吸水ショーツが登場するなど、フェムテック、フェムケアに触れる機会が増えてきました。最近では、社内の声がきっかけとなり、サービスやアイテムが誕生する動きもあります。
「生理前や生理中、甘い物が止まらない…」と悩む女性必見!罪悪感なく食べられるおやつリスト

「生理前や生理中、甘い物が止まらない…」と悩む女性必見!罪悪感なく食べられるおやつリスト

女性にとって月経は思春期の頃に始まり、50歳前後で閉経を迎えるまでの長い付き合いとなる人生のパートナーです。そのパートナーとの付き合いのなかでは、さまざまな悩みも生じます。 「生理になると日中も眠い」「腹痛が辛い」「腰が痛い」「ナプキンでかぶれる」「経血の量が多く漏れが心配」「気分が沈みがちになる」などなど……。症状も悩みも千差万別です。 そこで今回は、月経中の困り事のなかでも特に多くの女性が訴える「甘い物を過剰に食べてしまう」という悩みへの対処法を、管理栄養士で公認スポーツ栄養士の高須希代さんに伺いました。
暮らしの環境も大事ですが、自分がどう考えて行動するかが大事 |千葉県・南房総市在住ライター 鍋田ゆかりさん

暮らしの環境も大事ですが、自分がどう考えて行動するかが大事 |千葉県・南房総市在住ライター 鍋田ゆかりさん

地方で働く女性、都心で働く女性、子育てをしながら働く女性、さまざまなライフスタイルを送る女性たちを取り上げ、女性の健康課題や社会課題について考える対談コンテンツです。
痛み止めを飲むタイミングは?意外と知らない生理のこと

痛み止めを飲むタイミングは?意外と知らない生理のこと

正常な生理周期は? 痛み止めは飲むタイミングは? そもそも痛みが起きるたびに飲んでもいいの? など、毎月、訪れる生理について、気になることだけではなく、意外と知らないこともあるかも。そこで、えんみちゃんの愛称で知られる産婦人科医、遠見才希子先生に生理の疑問について教えていただきました。
女性ホルモンを整えたいなら、まずは食生活から!

女性ホルモンを整えたいなら、まずは食生活から!

インナーケア を意識するのなら、食生活の改善は欠かせないところ。今回は、女性ホルモンを整えるために大切な食生活のポイントを、栄養管理士の佐藤志歩さんに教えていただきました。栄養を考えるって難しいように思いますが、食材の特徴を少し覚えれば簡単に取り入れらますよ。
自分自身を知ることから「多様性」の理解が広がる|WOMB LABOディレクター 岡本佳央理さん

自分自身を知ることから「多様性」の理解が広がる|WOMB LABOディレクター 岡本佳央理さん

生理やPMS、セクシャル分野まで女性のカラダの悩みを解決するメディアサイト『フェムテック tv』と、未来をつくるSDGsマガジン『ソトコト』が新たに、女性のウェルビーイングの向上を目的とした『フェムコトプロジェクト』を立ち上げました。地方で働く女性、都心で働く女性、子育てをしながら働く女性、さまざまなライフスタイルを送る女性たちを取り上げ、女性の健康課題や社会課題について考える対談コンテンツです。
2021年版/フェムテック用語集 100

2021年版/フェムテック用語集 100

最近、メディアでもよく耳にする「フェムテック」というワード。一体何を指す言葉なのか分かりますか?そこで、フェムテック を始め、関連する言葉を100語ピックアップ。今注目を集めるフェムテックについて知識を深めると共に、2021年現在までに話題となった最新ワードも解説していきます。
男性必見! PMSに悩むパートナーが喜ぶこと5選

男性必見! PMSに悩むパートナーが喜ぶこと5選

自分ではなかなかコントロールしきれない、PMS。不調はもちろん、ちょっとしたことでイライラ…。いつもは気にならないことが気になったり、泣きたくなってしまったり。 女性自身ももちろん辛いけれど、実は普段一緒にいる男性たちも悩んでいました。男性には体験できない症状だからこそ、女性から辛い時にどうして欲しいのか伝えることが、お互いのためになるかもしれません。今回は、PMSに悩むパートナーとの過ごし方を、取材を元にまとめました。
大切なのは、「自分はどう思うか」を持つこと|宝島社 sweet編集長 鏡味由起子さん

大切なのは、「自分はどう思うか」を持つこと|宝島社 sweet編集長 鏡味由起子さん

生理やPMS、セクシャル分野まで女性のカラダの悩みを解決するメディアサイト『フェムテック tv』と、未来をつくるSDGsマガジン『ソトコト』が新たに、女性のウェルビーイングの向上を目的とした『フェムコトプロジェクト』を立ち上げました。地方で働く女性、都心で働く女性、子育てをしながら働く女性、さまざまなライフスタイルを送る女性たちを取り上げ、女性の健康課題や社会課題について考える対談コンテンツです。
オンラインで医師に相談できる「Wellness for women」アプリを体験してみた。

オンラインで医師に相談できる「Wellness for women」アプリを体験してみた。

女性特有のカラダや心の不調を感じているけど、仕事や家事、子育てに日々追われ、専門医に相談したいけど時間がない。そんな方におすすめしたいアプリが登場しました。気軽にカラダの不調が相談できるうえ、医療機関の受診が必要な場合には診療予約までサポートしてくれる画期的なサービスとなっています。今回は、月経周期に合わせて訪れる頭痛の症状についてオンラインで医師に相談してみました。
なぜ、無印良品が生理用ナプキンを作ったのか?担当者に聞く!

なぜ、無印良品が生理用ナプキンを作ったのか?担当者に聞く!

ナプキン、布ナプキン、タンポン、経血カップ、吸水ショーツと、生理用アイテムのラインアップが増えています。ライフスタイルや好みに合わせて選べることで、生理期間をより快適に過ごせるようになりましたよね。 そんな中で、無印良品からオリジナルの生理用ナプキンが誕生(2020年10月7日)したことは知っていますか? 無印良品といえば、飽きのこないシンプルなデザインで人気を集めるライフスタイルブランド。家具や家電、収納用品にアパレル、ステーショナリー、スキンケアなど、誰もが何かしらの無印良品グッズを持っていると言われるほど、アイテム展開は多岐に渡ります。とはいえ、無印良品が生理用ナプキンを作るイメージがなかったため、発売のニュースはインパクトがありました。なぜ無印良品が生理用ナプキンを作ったのか。担当者に聞いてみました。
今、注目のFEMCATION(フェムケーション)!ルナルナと共に学ぼう

今、注目のFEMCATION(フェムケーション)!ルナルナと共に学ぼう

日本国内でもフェムテック、フェムケアが拡大している中、生理管理アプリの先駆けである「ルナルナ」もさまざまなサービスを展開しています。 例えば、独自の福利厚生制度もそのひとつ。「ルナルナ オンライン診療」を活用した婦人科受診と低用量ピルの服薬を支援する制度です。そして、フェムケーションという造語を作り、啓もう活動にも力を入れています。
  • 1/2