特集

明日への言葉、本

誰かからもらったそのフレーズを思い出すと、力がみなぎってくる言葉。
ひとりでいることを感じつつ、口にしてみたら、やさしい気持ちになった言葉。
あまりにおもしろいので、時間を忘れてついつい読みふけってしまう本。
心に届く表現が多すぎて、読み終わりたくなくて、パタン、と閉じてしまう本。
言葉と本は空気のように、わたしたちの一日の中にすうっと入り込んできます。
明日を楽しみに、前向きに。そんな出合いを、特別な言葉と本とともに。