ユキウオじゃない!「雪魚」雪の魚でなんと読む?【読めたらすごい魚漢字クイズ】

ユキウオじゃない!「雪魚」雪の魚でなんと読む?【読めたらすごい魚漢字クイズ】

2021.11.23

「雪魚」なんと読む?



答え:タラ

答えは「タラ」でした!雪魚はほかにも「鱈」、「大口魚」、「鰔」と書くこともあります。一般的に目にするのは「鱈」かもしれませんね。日本では雪魚というとおもにマダラを指すことが多いそうです。

青森県のマダラ

青森県はマダラの産地で知られています。平成27年度のデータによると、青森県のマダラの漁獲量は全国4位。マダラよりもスケトウダラのほうが倍以上の漁獲量となっている県が多いものの、青森県ではスケトウダラよりマダラのほうが漁獲量が倍以上多いのだそう。青森県では産卵期にあたる12月~2月頃に陸奥湾に戻ってくるマダラをおもに底引き網や刺し網、底たて網などで漁獲しています。ちなみに旧平舘村ではじまった底たて網漁法はもともとマダラを漁獲するために考案されたと言われ、旧脇野沢村では「タラの里」としてマダラで得たお金で戦闘機を国に献上した記録が残されているのだそう。

マダラのじゃっぱ汁

マダラのしゃっぱ汁は青森県の郷土料理のひとつです。じゃっぱとは、魚を三枚おろしにして残った骨、内臓、頭といったあらの部分を指しています。マダラのじゃっぱと白菜や大根、豆腐などと一緒に煮込み、塩や味噌で味付けしたじゃっぱ汁は青森県民にとって冬にかかせない料理なのだとか。じゃっぱのダシだけでも美味しいですが、タツや肝を入れるとさらに味が濃厚になるそうですよ。



今回は「雪魚」をご紹介しました!

参考:青森のうまいものたち(https://www.umai-aomori.jp/)