発酵のまち、秋田県湯沢市のぶらり旅 その3

発酵のまち、秋田県湯沢市のぶらり旅 その3

こんにちは、ソトコト編集部のシマムラです。
秋田県の素敵なローカル・湯沢市の魅力をゆるりとお届けしています。


今回は、またまた湯沢市の発酵文化の発信スポットをご紹介!
湯沢市の北部に位置する岩崎地区にある、インテリアショップとカフェが一体になった『momotose』です。


こちらのカフェでは、オーナーさん選りすぐりの地元食材と発酵を掛け合わせて作られた料理が楽しめます。
私がいただいたのは、「シルクポークの塩麹ロースト」がメインになった、月替わり膳。どの食材もやさしい味わいで、丁寧に調理されているのが伝わってきて、食べていてとても幸せな気分になれました。


月替わり膳
『momotose』の月替わり膳。

<合わせて読みたい>
「わたしの暮らし×発酵」を考える。ゆざわローカルアカデミー第2期受講生募集中です!


『momotose』には他にも、オーナーさんがセレクトした、美しさと実用性を兼ね備えた暮らしの道具や、おしゃれなインテリアを扱うショップが併設されています。食やプロダクトを通してローカルの文化とその魅力を伝える場所なんですね。


実はこの岩崎地区、湯沢市の中でも特有の文化を持っているエリアだそうで、『momotose』から歩いてすぐの場所には、前回ご紹介した『ヤマモ味噌醤油醸造元』さんを含めた2軒の味噌醤油醸造元があります。地域のおもしろさを自らの方法で発信する、かっこいい人々がたくさんいる、私の憧れの場所です!


 


次回は番外編をお届けします。お楽しみに!