「檬果」何と読む?沖縄県が収穫量TOPのあの果物です。

「檬果」何と読む?沖縄県が収穫量TOPのあの果物です。

「檬果」、これ何のこと?


もんか?

南国のフルーツとしても知られていますよね。

この果物なんでしょう?


 
写真提供:写真AC

答え:マンゴー


答えは「マンゴー」です!檬果は、ウルシ科マンゴーに属する果物で、黄赤色や黄白色などの色をした果実は生食だけでなく、ジュースやゼリー、塩漬けなど幅広く利用されています。メキシコなどでは唐辛子の粉をつけて食べることもあるのだとか。


檬果の由来


檬果という漢字は、マンゴーの音に似た檬=もん、果=かという中国語を当てたと言われています(諸説あり)。確かになんとなく「もんか」と「マンゴー」の音が似ているような・・・?ほかにも「芒果」、「菴摩羅」、「菴摩」とも書くことも。


全国収穫量TOPは沖縄県


檬果の全国収穫量TOPは沖縄県。そのなかでも主な産地は沖縄市と豊見城市です。温暖な気候の沖縄県は檬果を育てるのに適しており、戦前から栽培の歴史があるのだそう。主な品種はアーウィン種のアップル檬果で、濃厚な甘みが特徴的ですが、ビタミン類やカロテン、ミネラルなどを多く含み、栄養価の高い果物でもあります。






今回は、檬果をご紹介しました。檬果の表面がテカテカして香りが強くなってきた頃が食べ頃なのだそうですよ!

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP